スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Life Saver




久々の更新になってしまいました。。
まずはReNくんの2ndアルバム「Life Saver」がリリースされたよ!!











もーね。名曲ぞろいです。
なんだろう…この新人とは思えない謎のエレガンス成分は。。


おっといけねえ!

その前に、新代田FEVERにてワンマンライブがありましたの。
わたくし行って参りましたよ。









なんかね、、すんごい時の流れを感じました。?


まずはフミ君(ReNくんの同級生&親友でもある凄腕マネージャー)が
バリバリの音楽業界人に!どこから見ても頼もしい凄腕ジャーマネです。





ReNくんもすんごいスピードで進化してた!
足元は見えませんでしたがReNくんオリジナルのループステーションも絶好調で
なんかしら楽器やってるひとはきっとルーパー欲しくなったはず。

わたくしごとですが去年からはじめた謎の楽器が単体だと謎すぎて謎なので
ルーパーがあれば音楽的なことができそうなヨ・カ・ン!
最近はいろいろと時間に終われ気味でなかなかモノ作りができない状況であります。
まとまったお休みが欲しい。。





時間よ、止まれ。


その間に、、


わたくしは、、、



寝る!





さて、何から綴れば良いのやら。。

ReNくんラジオもいっぱい頑張ってます!
生ラジオの弾き語りちょーきんちょーするよね?
毎度ループステーションを初見のひとにわかりやすく紹介する
ReNくんがラブい今日この頃。





もー、なんか文章まとまらないね。笑
新代田はアルバムリリース前のワンマンだったので、
はじめましての新曲を生で聴くことが新鮮なのでした。





セットリストうろ覚えすぎなのでざっくりと、、


以前チラっとライブ中に聴いたDREAMが最高にかっちょ良かった!

1stアルバムからはIlluminationとSheffield、生きる、Lights、
あとFriends Foreverもみんなで歌ったよね。

アンコールのアンコール?にYour Song歌ってくれました!
2ndからはMoon Lightだけ歌わなかったような記憶が…(間違ってたら御免)


ホントなんなんでしょうね、この文章のまとまりのなさは。。

Newアルバム聴いて気づいたこと、、
Moon Lightの歌詞が以前ライブやラジオで聴いたものとちがって
少し書き直されてましたね。
より、抽象的でロマンチックな表現になってた!

特に今回のアルバムは曲ごとにその情景が目に映る感じが素敵です。
ループステーション用のアレンジも残しつつ決して華美ではないけれど
洗練された音でより歌やギダーのグルーヴを全面に突出させたような印象。

アレンジでの“引きのうまさ”は流石ループペダル遣いです。
音を録る、音を重ねる、音を消す、更に音を重ねる、、
なかなかの情報量でございます。。。
ちなみにわたくし市販のルーパーでほんのり遊んでみましたの。
頭で考えるより先に身体が勝手にそうなりたがってる感覚?
これって人間の本能?みたいのが自分にもあって、、
文字で表現するの難しいね…それがまたなんとも楽しいんだなこれが。笑
楽しすぎて(夢中になりすぎ)白目になってたかも。苦笑
いつか買うかも。
そー言えばエフェクター1個も持ってないや。
エレキ=VOXのアンプに直だからね。笑
とりあえずブーストとトレモロがついてるけど
それがなんか好きで良く使ってる。
毎度ギター弾きのお兄さんたちは尊敬しちゃうよ。
足元みても“小さな工場”にしか見えないや。
エフェクターの世界は奥が深くて、
それこそはまったら大変なことになりそうで、、
だからあえて踏み込まない様にしてる。笑
お金かかりそう💸


なんの話をしているのだ?
しっかりしろヘイホー?


訥々とした文章で御免。
アレンジで思い出したけど音にも暖色系、寒色系みたいのあるよね。
わたくしの中でギター(木=暖かい印象)は暖色系。
ピアノ(ガラスの様な透明な印象)は寒色系。
アルバムのTell Me Whyはピアノがメインのアレンジで
それが曲の世界にとてもはまってて…沁みるんです。

あ、この曲の雰囲気を壊すつもりはないけれどひとつだけ、、
恋愛の敵って意外と“しょぼい現実”だったりしませんか?
例えば今月ちょーピンチで電車賃すらなくてさ、
恋人に逢いに行きたくても現実的に無理だったりとか。笑
20代ならあるあるじゃん?
わたくしいまだにあるあるですからね。。
新型iMacも見送り中。
ま、そんなこと恋人に言うのもなんかダサいし
かっこつけてたらそれが原因で自然消滅みたいな…💔
まっつたくどーでも良いお話でした。







話は戻りますが(何処へ?)
考えてみたらReNさまてわりと最近までレーサーだったのよね?
素質うんぬんはさておき、あれでギター歴2年とかびっくりです。
レーサー並のスピードで転がり続けるReNさまに
ロックなロールを感じる今日この頃🙃➰🙂




ここまで綴った内容を要約すると、
Life Saverまぢ最高だから聴いてみ?
て、ことなんす。





お兄ちゃん(航くん)のアルバム「太陽」も聴いたよ〜🌞

レゲエでサーフで陽気なんだけどそれだけじゃなくて、、
やっぱすんごい歌にぱわー(つよぴの血)を感じるよね。
レゲエのグルーヴでラップを歌ったら最強て感じ🔥

わたくしもラップに目覚めそうなヨ・カ・ン!
聴いたことのない謎ラップを披露する日も近いかも?

















追記

今でこそ少し落ち着いてきたけど、最近ずっと豊田議員のニュースばかり。。
あの報道見る度にわたくし不謹慎にもCaptain of the Shipが脳内再生されちゃうのよね。
んで、なんとなく真由子語録の中からなるべくポジティプな言葉?をチョイスして
リミックス(Logicで適当に切って貼っただけ)してみたら、、
BPMとかそのままでぴったしはまっちゃった!
キャプテンオブザシップ効果なのか「このハゲェ〜!」ですら
励まし(洒落ではないぞ)のシャウトに聴こえてくる不思議。浄化されたのか?
悪のり(剛氏と言えば文音ちゃんや航くんReNくんのパパだしみんなinstaやってるし
もしこれ見つけたらなんだこいつ?て思うだろうし何より剛氏に怒られるかも!)
なのは承知の上(どんだけ?)で、instaにUPしたところ、、地味に再生されてて
若干恐怖に変わりつつある今日この頃。
今のところコメントもないので(我ながらコメントし辛いと思う)
前々からうまく言葉にできなかった“悪の要因”をポエム調で追記したわたくしです。
あれは前にブログかなんかで書いた「いじめは小さな戦争」の答えかも。

ストレスは溜めずに楽しく解消する(他人に迷惑をかけずに)ってのが
理想なんだけどね。それがなかなか難しいよね。。
ちなみにわたくしのストレス発散法は、、
好きなことをやる!かな。
ま、そんなもんよね。








スポンサーサイト

ONE OK ROCK 2017 Ambitions JAPAN TOUR 4/30. sun. マリンメッセ福岡




ばり遅れたばってん、、
マリンメッセ福岡2日目んレポたい!!


こん2日間、ばり天気の良か! 🌞

朝は博多でうまかぁ“ごぼう天うどん”ば食べたとたい&写真撮り忘れたとたい🍲
(大体食べ物ん写真て食べしまえる頃気づくちゃね。。)

※ここからネタバレ注意。








本日の会場内アナウンスはトモ君やったちゃ!

トモ君ちかっぱ低い声で⤵︎「とーるです。」
言うてたちゃ。笑


昨日Takaが言ぅてたやっちゃね!
(☝最近のワンオク的トレンド=みんなでとーるくんのものまね。)

トモ君かわよか、、あざす🙏🏻✨





いつまでこの流れで行くのか…
☝方言翻訳アプリを使わせていただきました!





さてさて、
謎の緊張も2日目ということもあり昨日の借りてきた埴輪(借りてきた猫より引用)
よりは大分人間らしいわたくしです。

ここからはReNさまのレポでございます。





ReN set list


Illumination
Sheffield
Life Saver
Tell me why
Lights





▲本日のReNさまのお衣装▲


ブラックな宇宙T
ブラックな膝穴スキニー(やたらsexy)
ブラックなスニーカ(巨大モニター越しで確認=詳細不明)

昨日と同じかも?
この衣装にはきっとReNさまなりの深いこだわりがあるのかもしれません。

















会場からReNコールがちらほら、、!
昨日よりアットホーム感UPでございます。

モニター越しですが今宵のReNさま昨日よりcoolな印象でございました。
一晩で何かを掴んで今日のステージで新たな何かに挑もうとするReNさま🔥





足元のループちゃんを操作するシーンがGT(グッドなタイミング)で巨大モニターに、、
ループペダルがどんなマシンなのか初見さんにも分かりやすかったかも。


本日のMCは昨日より全体的にシンプルにまとまってた気がします。

「僕自身いろんなことに悩んだりもするしそんなときに
ふっと救いだしてくれるような、そんな曲を作りたかった。」


☝たしか“Life Saver”をうたう前のMCです。

特に今夜は“Life Saver”のグルーヴがso coolでした!
ループちゃんも御機嫌♪





Lightsでは後半に弦が切れてました。
モニター越しに見えたのは、たしか5弦。
他の弦も逝ってたかもですが、、
5弦が切れるなんて、男前ですね。





さて、40分という時間ではありましたが、
あの日あの場所にあったエネルギーを体感できたことは、
わたくしにとって、とても幸運な出来事でございました。

うまく文字に起こすことができませんが、、
“わたくしの人生のターニングポイントになった場所”と言っても過言ではないくらい
大切な時間でございました。あざす🙏🏻✨

















ONE OK ROCK 2017 Ambitions JAPAN TOUR
4/30. sun. マリンメッセ福岡


set list

Ambitions – Introduction –
Bombs away
ONION!
Deeper Deeper
Taking Off
20/20
Cry out
Clock Strikes
Bedroom Warfare
69
Always coming back
Wherever you are
Listen
Bon Voyage
Start Again
I was King
Take what you want
The Begining
Mighty Long Fall
We are

One Way Ticket
完全感覚dreamer





Bombs awayを聴くとワクワクするよ。

むかしから無国籍なものや新旧入れ混ざったものが好きだったりするわたくし。
いわゆるジャンルという枠に捕われない自由なものが好きだったりします。
それは音楽だけに留まらず、すべてに言えることなんだけど…

そ言えばLinkin Parkとのツアー決まりましたね。
リンキンと言えばわたくしの世代。
どんなツアーになるのかな。楽しみです。





Deeper Deeperを聴くとカレーを思い出しカレーを食べるとDeeper Deeperを思い出す。。
もはやONIONからDeeper Deeperの流れにカレーを感じます。笑






20/20で日増しにsexyになってくとーる氏&便乗するTaka。
素敵です。。あざす🙏🏻✨






そ言えば、あのインストの曲にはタイトルがあるのでしょうか?

またRyota君やトモ君が作った曲も聴いてみたい!
世間知らずの宇宙飛行士、好きです。この曲のTakaなんかセクシーなのよね。
Living dolls(とーる氏作)も好き。とーるくんまたなんか曲作って欲しいな。。
もしくは“低音のエロエロなコーラス”とか入れたりしないかな、、。笑





今回のレポ、初日に詳細を綴ってしまったので大分端折ってます。。
さて、この辺で本日印象に残ったMCをゆるーく綴りますね。





アコースティックコーナーWherever you areをうたう前のMCです。


Taka「これ(ピアノを指して)手作りなんだよ〜。」

とーる氏「ピアノが手作りちゃうで、ピアノの箱やな。」

Taka「モニターで見えるかな。これkawaiのピアノなんだけどkawaiiて書いてあるんだよね手作りだから。笑」

Ryota「とーる最近楽屋でピアノ練習してるやん。あれ何?」

Taka「マッチョになったりピアノ弾いたりとーるはどこ目指してるの?モテたいの?笑」


しばらくkawaiiピアノの周りで今日はだれがピアノを弾くかでもめる。笑


Ryota「おれ?無理無理無理!これ弾かな(サイレントビオラ?を指して)。」

Taka「まっちょピアノ弾いて♡」

とーる氏「♡?苦笑。弾かへんて、、。」

Taka「トモヤもRyotaもピアノの先生に習ったんだよね。
じゃ、、トモヤ君弾いてくれますか?なんか今日のMC、つまんないね?」





みたいなシーンがありました。面白かったけどね。
“まっちょピアノ”ウケてたよ!
カワイじゃなくてかわいいピアノ?もじわります。笑





後半、Start AgainからWe areまでカナリぶっ飛ばしてましたね。
もちろんアンコールもすんごい良かった。。
One Way Ticketでは昨夜も会場の皆でスマホライト片手に手を振ってました。
奇麗だったな。そして、、少しだけ寂しくなっちゃた。。





最後にReNさま×ONE OK ROCK×会場の皆で記念撮影。
わたくしも“ミカヅキ藻サイズ”でどこかに映ってるはず。。
今宵も最後にTakaがボーナストラックワンフレーズうたってくれました♪








📸 @ruihashimoto






ライブ終了後のReNさま×ONE OK ROCK



📸 @ruihashimoto





ごはん食べて→ホテル戻って→ライブ後の余韻に浸りながら夜のももち浜を散歩。









しばらく夜風に吹かれながら砂浜を歩く。。。
夜の海に三日月ちゃん落ちてた🌛









翌朝、天神をぶらり。
ホントは大阪で“憧れのボタニカリー”を食べたかったんだけど
新幹線でなく飛行機のチケット取ってしまったんで大阪巡りはまたの機会に👋🏻
これは天神のカレー。脳内BGMはもちろん、、Dee…








てーんじんあったっりぃーのこぉーさてんでーぇ(ふぁるせっと)
まっちーあわーせでーすかぁー♪

照和。本日休業日。。残念。また今度👋🏻








飛行機乗るとどーしても雲の写真を撮りたくなります…⛅️








うっかりフライング解禁してしまいました。。
6月28日にReNさま渾身の2ndアルバムが発売されます!

手書きの文字とイラストがとってもお洒落。
名曲がいっぱい!楽しみです!!




@renstar.gramより





あ、お家に着いたらサボテンの花咲いてた🌵🌸








福岡みやげ。

福岡限定いろはす。福岡県産あまおう🍓
5本も買ったのだけど空港の荷物検査で軽くひっかかるわ、バッグ重いのなんの、、
でも、いちご水🍓うんまい!全国どこでも買えたらいいのに、、。








福岡みやげ、その2。
ももち浜の砂&🐚ビニール袋に入れてお持ち帰り。お前は甲子園球児か!

家に帰ってから軽く砂&🐚を水洗いして十分に乾燥させてからガラスの小瓶へ。
こんな素朴なお土産が何気にずっと思い出に残ったりするのよね。。











ONE OK ROCK 2017 Ambitions JAPAN TOUR 4/29 .sat. マリンメッセ福岡





ONE OK ROCKのspecial guestにReNさまの出演が決まってからずっと、
このステージは見逃してはいけない気がしてチケットを探しておりました。
とりあえずホテルの予約はしたものの…チケットはカナリ入手困難な状態。
最悪、取れなかったら諦めよう、、と思いはじめたわたくしに奇跡が!
ななんと!日程ぎりぎりでしたがチケット2枚譲ってもらえることに!!
心底、あざす🙏🏻✨








ReNさまのステージは去年の渋谷eggmanぶりのわたくし。
前々日も前日も謎の緊張によりあまり眠れぬまま、、成田空港へ。













富士山☁️🗻









あっと言う間に福岡空港に到着。
博多駅からマリンメッセ行きの臨時バスがいっぱいでておりました。



















譲って頂いたチケットは両日ともスタンド指定席でしたのでのんびり開場。
同じメッセでも幕張とは違い(幕張ごめん)どの場所からもステージが近い印象。
音響も良さそう!(建物のカタチと壁で適当に判断。笑)
そして的中!音響もライティングも素敵でした。






開演時間が近づくにつれ“謎の緊張”もピークに。。

そんなとき突然例の会場内アナウンスが、、





本日の会場内アナウンスはとーるくん。
とーるくんめちゃテンション高かった!笑
会場内一気にヒートアップ🔥
さっきまで謎の緊張によりヘロヘロおじさん(ベニスで死す)だったわたくし、
とーるくんのsexy voiceにより生還致しました!あざす🙏🏻






さあ、いよいよですよ!

土器がねむねむすぎて埴輪になりそうなわたくし💓😱

どーしてステージに立つわけでもねえお前がそんなに緊張するんだ?笑


※ここから先ネタバレ注意!


















照明が落とされ、どーんと巨大モニターにReNロゴが!





▲本日のReNさまのお衣装▲


ブラックな宇宙T
ブラックな膝穴スキニー(やたらsexy)
ブラックなスニーカ(巨大モニター越しで確認=詳細不明)
全身ブラックのReNさま、攻め攻めでございます。




ONE OK ROCK 2017 Ambitions JAPAN TOUR
4/29.sat. マリンメッセ福岡

special guest ReN


set list

Illumination
Sheffield
Life Saver
Tell me why
Lights








Illumination


颯爽とステージに現れたReNさま。会場から拍手と声援が、、
会場の暖かいオーラに包まれて謎の緊張(きっとReNさまも)も解けて行くのを感じました。
モニター越しでも意気揚々と燃えるReNさまの熱い表情が確認できました。


高揚するうた声。

ギターのグルーヴと深い天然リバーブ。

リトルマーチンのボディを叩く音は、
まるで宇宙の波動の様に会場全体に響き渡っておりました。


思えば去年、小さな箱で何度もReNさまのステージを体感できたことは
とてもラッキーでした。(←何度も言ってる気がする…。)
彼のまだあどけない表情の中から時折顔を覗かせる“魔物”は
ステージを重ねるごとに大きく育って行くのです。。恐ろしいスピードで。






Sheffield


MCでは短い自己紹介とTaka氏との出逢いの話。
「Takaさんが自身のインスタで僕のアルバム“Lights”について
Postしてくれた夜、何事が起きたのかわからなかった!」

ReNさまにとってはそれくらい大事件だったらしいです。。


Sheffieldのループ用アレンジは(わたくしのイメージですが)
なんとなく複雑で特にリズムをキープするのは至難の技に思えるのでした。
今夜のステージ2曲目にこの曲を選んだReNさまの心情はきっと、
これから世界のステージへと旅立つONE OK ROCKへのエールだったのでしょう。






Life Saver


わたくし今夜福岡にてはじめてこの曲を生で体感することができました!
そして、、同タイトルの2ndアルバムが6月28日にリリースされますよ!!


ReNさま燃えてましたね。。攻め攻めでございます。
まるで隕石の様でした😵☄️












Tell me why


空気が変わった瞬間でした。

言葉にするのは難しいけど、、会場のみんなの謎の集中力?のようなものに
ReNさまのうたが吸い込まれていくのを感じました。。

ReNさまの声の抑揚がとても生々しくわたくしの胸に突き刺さって、
なぜかはじめてReNさまに出逢った去年の春の日を想い出しました。


あの日わたくしはとても緊張していた。。
とにかくわたくしはいつだって緊張しているのです。
わたくしという人間はきっとそういう人間なのです。






Lights


最後の曲になります。

あっという間のような、それでいてほっとしたような、、
なんとも言えない感情がありました。

ReNさまの音をはじめて聴くひとにとってはループの仕組みが
一番わかりやすい気がいたします。
巨大モニターに映るReNさまはMAX燃えておられました。





スタンド席からはバースマティー米サイズのReNさまでしたが、笑
その距離がわたくし今日はとても嬉しゅうござました。。
ライティングが素晴らしく神秘的(レーザー?)でちょうどReNさまの身体から放たれた
光線が遠く離れたわたくしの場所まで1本の長い線になって、まるで繋がっているかの様な
不思議な感覚
がしたのでした。


















さて、ここからはワンオクのライブレポになります。
幕張ではカナリぶっ飛んでたので今回はちゃんとレポろうと思います!





ONE OK ROCK Ambitions JAPAN TOUR
2017 4/29.sat. マリンメッセ福岡

set list

Ambitions – Introduction –
Bombs away
ONION!
Deeper Deeper
Taking Off
20/20
Cry out
Clock Strikes
Bedroom Warfare
69
Always coming back
Wherever you are
Listen
Bon Voyage
Start Again
I was King
Take what you want
The Begining
Mighty Long Fall
We are

One Way Ticket
完全感覚dreamer


セトリ自信がないのでUPされてたのを使わせてもらいました。
インスト曲もありましたがどのタイミングだったかうろ覚えです。。







Ambitions – Introduction –


巨大な黒い緞帳の様な隙間から逆光の白い照明を受けてメンバー4人登場!
幕張でも思いましたが、、UFOから降りて来た宇宙人みたい👽👽👽👽⚡️





Bombs away


この曲の無国籍な雰囲気が大好物なわたくし。
Takaの声がナイフの様に暗闇を突き抜け我々の胸を容赦なく刺してくる。
今夜のTakaは幕張2日目(愛のある殺気を感じた)よりも攻撃的だった。
とーるくんのギターの音色も重厚感?が増してより艶っぽく鳴ってた!
(リハでスタッフのお兄さんがギターの音出しを念入りにやってた時から
カナリ存在感のある音が鳴ってたのでそれだけでわくわくでした。)

今回は2日ともほぼ中央の位置だったんで音が正常なバランスで聞こえたのかも。





ONION!


そうそう、この曲でとーるくんがステージ端のわたくしの目の前に来てくれた
のよね(幕張1日目の想ひ出)あの日、緑のPRSの美しい木目まで見えましたから。。

今回はステージ全体が見渡せるのでわかりましたがRyota君もステージ端ぎりぎり
まで来てくれてるのね。しょっぱなから嬉しい演出。あざす🙏🏻✨

やっぱり今夜のTakaはなんか違う!燃えてる。ヤバイ!!
トモ君の千手観音(特に曲の後半)もさっそく観れたし最高!





Deeper Deeper


わたくしの好きな曲。今夜も痺れまくり。。
みんなが飛び跳ねてスタンド揺れまくり!なにこれ楽しい!
後半(ユニゾンのあたり)スタンドでひとりヘドバンやりましたよ。笑

幕張はあれは凄かったね。初体験が最前列だもんね。笑いが止まらないよね。





Taking Off


好きなものに魂蝕まれて行く感覚て、なんかこわいよーな憧れるよよーな。。





モニター越しで見て気づいたこと。

この曲をうたうTakaの瞳は時折不安を彷徨うように見えて、、
戸惑いながら情熱的にうたう姿がとても美しかった。











どのタイミングのMCだったのか曖昧ですがわたくしの印象に残った
Takaの言葉を思い出しながら綴ります。

今日という日をずっと楽しみにしてきたこと、
このツアーでずっと答えを探している?こと、
そして今夜のステージが一番最高!だと言い切るTaka。

わたくしも今夜のステージには特別な何かを感じて、、
それがなんなのか答えを探しているのでした。





20/20


この曲の名物的パフォーマンス?になりつつあるTakaととーるくんの絡みのシーン。
モニター越しで観てましたがエロいですね。。
映像化される際は是非sexyな角度での編集でよろしくお願い致します🙏🏻



さて、この辺でメンバーのゆるーいMCの話でも綴ろうと思います。


Taka「な、とーる?(突然とーるくんにMCをふるTaka)低い声(sexy voice)で福岡の女性陣をびしょびしょにしてあげて♡」

とーる「福岡は奇麗なひと多いからなあ。」と軽く下ネタを交わした後、、「福岡は、美味しいもんいっぱい食べ過ぎてさっき食べたカレーがDeeper Deeperでディーパーしそうなった!」🍛✨

Taka「カレーがDeeperでDeeperしそうになったのね?あ、最近みんなとーるのマネするの流行ってるよね。とーるです(笑)←低い声で。Ryotaとか上手いよね。笑」

Ryota「とーるです。笑」

Taka「Ryotaは職質されたんだっけ?私服いつもそんな感じ(ステージ衣装を指して)だから薬の密売人と間違われたんぢゃない?

どSなTakaが垣間みれたMCでした。楽しかった。笑

Taka「トモヤ、自己紹介しなくていいの?あれ、福岡のみんなも見たいよね?」

トモ君「自己紹介?何だっけ?自己紹介、、。←(カナリためらいながら…)」
ここで突然トモ君豹変。シャイン智也?を絶叫して翌日声が枯れてしまうのでした!それを“シャイン枯れ”というらしい。笑


個人的にカレーがDeeper?🍛✨が壷にはまってしまい、、
しばらくカレーを食べる度にDeeper Deeperのユニゾンが脳内BGMで流れる今日この頃。
あとRyota君の派手派手私服が気になります。笑

あ、Takaは福岡が大好きで贔屓してしまうくらい好きなんだそうです!
たしかに福岡は音楽的なルーツがいっぱい生まれた街だしなんかひとが暖かいよね。
わたくしも福岡初上陸でしたが一瞬で好きになりました。






Cry out


会場すんごい盛り上がり。
スタンド揺れる揺れる!床、はずれるかと思った。笑
なんかスタンドも楽しいね。
なにより冷静でいられるから楽しみ方にも余裕が生まれるのかも。

今夜はわたくしの中で特別な日。
何一つとり零したくない。
こんなに時間が愛おしいと思ったのも久々かもしれない。。





Clock Strikes


時計の秒針の様に腕を真っ直ぐに天を指すTaka。
会場大盛り上がり!

深夜のスタジオ、、すべてはここからはじまったんだね。





Bedroom Warfare


やっぱこの曲LIVEバージョン面白いです。
特にRyota君のベースがいい味出してます!
とーるくんのエフェクターも妖艶で良い感じ。
Takaも軽快で楽しそう。





69


今夜のTakaはやはりなにかが違う。うまく言葉にできないけど。
神ってる?とーるくんもトモ君もRyota君もなんか攻め攻めでかっこ良かった!!


ところで、今ツアーでよくTakaがMCで言っていた
「自分に正直でありたい。」という言葉。
それがときに難しい。。。ふとそんなことを思う今日この頃。





Always coming back


ここでクールダウン。
ただひたすら聴き入るわたくし。。

Time goes by
Time goes by
Time goes by

そうよね。日常てそんな感じよね。。





Wherever you are


ここでアコースティックセクション。

わたくし幕張レポで大きな間違いをしていたことに気づく。。
Hard To Loveとごっちゃになってたかも。。。

Ryota君はWherever you areでサイレントタイプのエレクトリックなビオラ?
もしくはサイレントタイプのアップライトベースを弓で弾いてました!
トモ君はKwaiiピアノ。
とーる君は緑のPRS。

本日のアコースティックはこの1曲だけでしたが、
Takaが精魂込めてうたってくれたので十分でございます。あざす🙏🏻





Listen


アヴリルがモニターに登場。
Takaはステージの端のクラシカルなソファ?の近くで丸いカメラみたいなのに向かって
うたってました。いつか共演して欲しいですね。





Bon Voyage


今回のアルバムはシンセ音がメインに鳴ってるのでこういう場合LIVEでは
どーなるんだろうなぁ?とずっと思ってました。
サポートでメンバー増えたりしちゃうのかな?とか思ったり。
普通に同期でしたね。わたくしも“ひとり同期”でライブやってた時期あったけど、
むしろ難儀な気がする。。特にトモ君。何気にサポート入れた方が気楽かも、、
でもメンバー増えたりするのちょっとダサい?から
トモ君頑張ってくれてるのかもね。あざす🙏🏻





Start Again


この辺から一緒にうたってました。
スタンドのみんなもうたってたよ。一緒にうたうと楽しいね。





I was King


MVがかわいい。けれどもなんだかとっても切ない。
そしてとても潔くて、、好きな曲です。一緒にうたったよ。





Take what you want


CDとはまったく違う静寂のアレンジ。
暗闇にぽつんと佇むTakaの孤独感が強く印象に残る演出でした。

Takaのロングトーンに毎度痺れます。。





The Begining


マリンメッセ揺れるくらい盛り上がってました。
サークル、ダイブ、モッシュは禁止になってたらしいけど、
みんなそれぞれにすんごい盛り上がってたよ〜!
それと同時にLIVEも終盤にきていることも感じて
切なくもあるのよね。。
もちろん、ひとりヘドバンやりました。笑





Mighty Long Fall


この曲初めて知ったのフジロックの映像だったかも。
ワンオクって今こんな感じなんだ、、ヘドバンのところかっけえ!
て思ったのが第一印象でした。

だので、やりましたとも。ひとりヘドバン。
みんなでやれば怪しくない、ひとりヘドバン。。





We are


最後にみんな一緒にWe are。
NHKで初の地上派放送にワンオクがでるとのことで
なんとなく録画予約しておいて心底良かったです。。
たしかわたくしとジミー(ペイジ)の誕生日でしたの。
We areの合唱何度見ても痺れるぜ!
素敵な記念になりました。と、ペイジも申しております←たぶん。あざす🙏🏻

そうそう、ギターソロあるのも良いですね。
きっとぺーじもそう思ってるはずです。。





One Way Ticket


アンコール1曲目。
こんなことを言われてみたいです。
恋の片道きっぷでございます。
愛の神風特攻隊であります。

今夜のギターソロ(わたくし的名物)は切なさよりも希望に満ちて聴こえました。
そんなことが嬉しかったりするわたくしです。





完全感覚dreamer


ああ、今日という一日が終わってしまう。。

わたくしも、今日というこの日をずっと待ちわびていたよ。
あんなに緊張してた昨日が夢の中のようです。





最後にみんなで手を繋いでReNさまも登場!

今夜はホント楽しかった!
始終、愛に溢れていた気がするよ。。


こんな幸せな時間を作ってくれたONE OK ROCKにあざす🙏🏻





終演のBGMにボーナストラックが流れるのですが
今夜はワンフレーズTakaがうたってくれました!
そんなことが嬉しかったりする今日この頃。。


ううううう♪…ただただ君を愛したい♪
























さて、今夜は余韻に浸りながらホテルへ、、
写真はホテルの近くの福岡タワーです。小っさい三日月も寄添っております。
ホテルからはももち浜が見えます。癒されます。。

今夜は(も)寝れそうにないけど…
明日のために、もう寝ます。ぐなーい 😴





追記

当日メモった日記を推敲しながらGW最終日にやっとこさ綴り終えました。。
マリンメッセ福岡2日目はまた次回と言うことで…👋🏻








Appleに振り回される日々




虹のコップ(Rainbow SPECTRUM)を買いました🌈
サボテンの鉢にちょうど良いのです。


うちのサボちゃんたち。
もうすぐ花が咲きそうなヨ・カ・ン🌵🌸




















最近、よく固まるのよね。。
うちのMacさん。
もう8年目。
そろそろ天国へ旅立たれるのでしょうか。。

ところでいまiMac買うのてタイミング的にどー思います?
今年こそ?は新型iMacさんが登場するって噂。
やはりUSB-Cになるんかな。
そーなると色々めんどい感じすか?


そんなわけで去年からずっとAppleに振り回されるわたくし。。
買い時がわかりません。
欲しいと思ったときが買い時なのかも。





追記

あ、そうそう!
とうとうワンオク×ReNさまの熱い福岡の夜が近づいて参りました!!
わたくしとりあえずホテルだけは抑えときましたが肝心なチケットが
なかなかGETできずにいたのでした。。
やはりダフ屋から買うのはだと思うのでね、、
ところがどっこい(?)昨日やっとこさ譲ってもらえることになりまして、、
しかも2枚も!!ありがたや〜🙏🏻
というわけで29日、30日、わたくし福岡へ参りますよ!
ななんか、謎に緊張してきた、、
(↑お前がステージ立つわけでもないのに…)
とにかく、楽しもうと思います!





蓮さまへ、わたくしから“ささやかな乾杯”を。。


かーんぱーぃいまーきーみはーじーんせーいのー

おーおきなーおーおきなーぶーたーいにーたーち

はーるかーなーがーいみーちーのーりを

あーるーきーはーじーめーたー

きーみにしあーわせー

あー


あー

あ“ー!?



れ〜





さてさて、蓮さまの新曲“Life Saver”攻め攻めでございます。
うちのiMacさん古すぎて動画見れない&iTunesもダウンロード出来ないんで
iPhoneさんあって心底良かったよ。。
iPhoneさん(ヘッドホン端子)からスピーカのAUXに繋いで聴いてるよ。

さて、今夜はこの辺で。ぐなーい😴








ONE OK ROCK 2017 Ambitions JAPAN TOUR 幕張メッセ 4.8.SAT×4.9.SUN




行って参りました。ワンオク初ライブ幕張!
なんか地元にお気に入りのバンドやアーティストが来る!てだけで、
意味もなく一日中ふわふわそわそわどきどきしませんか?
わたくし前日ほとんど眠れません(We areの歌詞を覚えるのに必死で)でした。。


と言うわけで、今夜はONE OK ROCK 2017 Ambitions JAPAN TOUR
幕張メッセ 2日間のライブレポを綴ろうと思います。








4月8日初日。
空はあいにくの雨模様。
わくわくが抑えられずチケットもないのに会場の様子を見に行くわたくし。。
海浜幕張駅周辺はまさにAmbitionsな若者で溢れていました。
会場へ向かう道すがら余ったチケットを売るために
プラカードを持って呼びかける人もチラホラ。

「Aブロック1枚余ってまーす!」

その中のひとりと目が合って、、しばらくその場をうろついて(カナリ不審者)
結局、チケットを譲ってもらうことに!
とりあえずコンビニで飲み物買って入場ギリギリ間に合いました。。
ここまで我ながら凄い展開。


ワンオク初心者なのでなんとなくブロックの隅へ、、
ステージ端の柵にまだ空きがあったのでとりあえずそこで待機。
やばかったら後ろへ流されればいい。
一応DVDで予習はしてきたぞ!
We areうろ覚えだけど歌えるぞ!
しかし…謎に緊張してきたぞ!


その時、突然場内アナウンスが、、











「とーるです。」

40Hzくらいの低音(ベースより低いやん)で、、








「とーるです。」

2回言った(笑)


会場内一気にAmbitionsなモードへ。
つづいて「今日は気合い入れてきたから!みんなよろしく〜!」
ハイテンションなRyota君の声。
おかげさまで、謎の緊張も吹き飛びました。あざす!





ライブレポと言ってもいろんな意味でぶっ飛んでたので、
わたくしほとんどセトリの記憶がございません。。
だので印象に残ったシーンを“ちょー私的”に綴っただけの雑記だと思って下さい。

※ツアーはまだまだ続きます。ネタバレがヤな人はここでさよなーら。







Ambitions -Introduction- が会場内に響き渡り、、
Bombs awayの無国籍で幻想的なイントロへ。なんか素敵でしたよとっても。
UFOが地上に降りてきたかのような白い光を背景にメンバーが登場!


幕張のステージの横幅は会場ぎりぎりまであってかなり広かったのですが
さっそくギターのとーるくんが端まで来てくれました!あざす!

謎に挑発的な微笑、、ちょー開脚×高速ギター!あざす!
“セクシーぼくろ”も汗に濡れて艶かしかったです!あざす!!
※ちなみにとーるくんの“セクシーぼくろ”とは唇の横(右頬)のほくろと首の真ん中にある天才的にエロい位置にあるほくろのことです。


しょっぱなから話が脱線している気がします。
どうしてわたくしという人間はいつもこうなんでしょうか。
わたくしという人間は。


ONION

Deeper Deeper(ちなみにこの曲個人的にちょー大好物です!)

セトリを覚えてるのはここまで。。

「今日はつま先から頭のてっぺんまで愛してやるぜ!」

的なことをTaka様が叫んでおられました。いや、、

「今日はおまえらをぶっ殺しに来たぜ、幕張!」だったかな。。

その前に「こんばんは!ONE OK ROCKです!!」だったけ。

すでにわたくし会場の熱気で全身びしょ濡れ。。
何度かステージ端までTaka様がうたいに来てくれました!
ちなみにTaka様が近い=津波が起こる。と予測して下さい。
ひゃほーぃなどと浮かれてる場合ではありません。要注意です!!

さぁ、うしろから津波の様な圧力とともに激しいヘドバンがはじまりましたよ!
わたくし人生初ヘドバンでした。
郷に入っては郷に従えです。思ってた以上にクレイジーでした!
勿論、自分で止められません。横と後ろと前で連帯して動いてますから…
例えるなら…背骨がうしろにのけぞるくらいの勢いから思い切り前へお辞儀をする“文明堂の謎の人形”の高速バージョンだと思って下さい。








柵前の場合、圧迫に注意です。うっかりしてるとあばら骨ポキちゃんです。
ヘドバンされどヘドバン、、甘くみない方が良いかもしれません。
わたくしは…最近はじめたストレッチ効果なのかなんとか無事でございました。。
しかしヘドバンの動きがクレイジーすぎて笑いが止まりません!
せっかく目の前でTaka様がうたっているのにヘドバンがクレイジーすぎて笑いがとまりません。
もうちょっと冷静にバンドアレンジなどを堪能したいのにどーしても笑いがとまりません。
笑いがとまらない変なキノコでも喰らったかの様にわたくしがわたくしでなくなって行く。。。
わたくしの崩壊です。


結局、中盤のアコースティックコーナーまでわたくし後ろへ流れることができませんでした。。
移動するにもコツがいる様です。激しい曲がはじまったらヘタに動くのは危険です。
曲間をねらってなるべく端へ後ろへ、、
人と人の隙間をヘロヘロ〜と軟体動物の様にさりげなく移動しましょう。
きっとオアシスな空間が見つかるはずです。

そんなことをしている間にいつの間にかワンオクのメンバーも後方にあるサブステージへ。

幕張は縦に長い巨大な倉庫みたいな会場なので後方ブロック(特にCブロック)からは
ステージがほぼ見えません。。2日目わたくしはCブロックでした!
そんな後方ブロックのみんなのためにサプライズで小さいアコースティック用のステージを
作ってくれたようでした。あざす!


ここで例の津波現象が。。
わたくしの場所からは後方ブロックが果てしなく遠く何が起きているのかまったく見えず、、
この日は雨のせいか湿度も高めだったので貧血や脱水で倒れるひともちらほら。。
Takaが何度か演奏をとめて安全を呼びかけておりました。
(後にこの件がニュースで報道されたのを見て詳細を知りました。)





アコースティックコーナーではたしか3曲うたってくれました。
Taking offのアコースティックバージョン。
最初の方でもTaking offはやったと思う(うろ覚え)ので
本日2回目のTaking offでございます。


Wherever you areではトモ君が素敵なピアノを弾いてくれました。
Ryota君は渋い木目のアコースティックベース、とーるくんは緑のPRS。
テンポを落とし言葉のひとつひとつを丁寧に大切にうたうTakaが印象的でした。

Hard To Loveは大好きな曲だったので聴けてラッキーでした。
この曲はUS盤Ambitionsの方に収録されてます。

Ryota君のビオラが美しかった!
ちなみにこの日Ryota君は気合いを入れて髪をオールバックにセットしてきたそうです。

個人的にHard To Loveのギターアレンジが好きなので
モニターでとーるくんの指ばかり観てました。。
トモ君はたしかカホンを叩いてたかな。
あ、トモ君てなんとなくトム君(売れっ子ドラマーの玉田豊夢君)に似てません?
学生時代のトム君はトモ君みたいにかわいらしい印象でした。
いつかトム×トモコンビでコラボして欲しい今日この頃。
また話が脱線しました。。御免。



そうそう、幕張のスペシャルゲストにTaka一押しの大山流杏ちゃん(ななんと13才!)
がギター1本でうたいに来てくれました!ちょ〜かっこよかったです!!



そう言えば、20/20でTakaととーるくんの絡みのシーンがあるのですが
それがなんとも、、エロいのです。最高!!あざす!!!



Bedroom Warfarはアレンジが俗っぽくなってて良い感じです。
Ryota君のスラップかっこ良かった!
そうそう、ステージ端からはトモ君がまったく見えなかったので
モニターばかり見てました!


Take what wantではTakaのロングトーンが最高に気持ちよかった!





最後はWe are。
会場は大合唱!痺れた〜!!もちろんわたくしもうたいましたぜ!


アンコールはOne Way Ticketと完全感覚dreamerでした。
One Way TicketはEDMっぽさがなくなってバンドアレンジになってました。
とーるくんのギターソロが、、苦しいくらいに美しかった。。


はじめてのワンオクライブ。
一言でいうと、ちょー楽しかった!そして、Takaがちょー熱い男だった!!
そして、、最近なんとなく首と肩がこってたんだけど治った!笑















4月9日2日目。
今日も空は雨模様。そして、寒い。。

今日はやっとこさ一般で取れたCブロックのチケットを持って
あえて最後尾で観ることにしました。昨日とは真逆です。

今日の場内アナウンスはトモ君だったらしいです。。
わたくし遅い番号でしたので聞き逃しました(凹)


しかし、、意外にもCブロックはみんな燃えてたし熱かった!
ヘドバン、Takaに届けと言わんばかりの大合唱。
謎のサークル現象←なんかUFO呼べそう…。

あと昨日はライティングの全体像がほとんどわからなかったけど、
今日は素晴らしい“光のデザイン”を堪能することができました!
すんごいかっこよかった。。

あと不思議とリズム隊、特にドラムの地響き?が凄かった!
後ろからの返りのせいかな、、トモ君、ど迫力でした!!

セットリストは昨日と同じだったと思います。たぶん。。
昨日はぶっ飛んでたんで気づけなかったのですが、
人生×僕=からけっこうやってますね。

ONION、Deeper Deeper、69、The Beginig、、

この辺の曲、アレンジが好きです。
とくに69の間奏からユニゾンのあたりトモ君千手観音だし
Ryota君息ぴったしだし、とーるくんの攻めのギターソロとか、、
もー生で聴いたら痺れまくり。笑
とくにAmbitionsはシンセ寄りというかギターが引き算で
鳴ってる印象でしたがライブだととーるくんが攻め攻めで
とーるくんモニターにいっぱい映ってましたよ。

Deeper Deeper聴けて嬉しかった!もー最高にスリリング!!
ユニゾンてなんであんなに痺れるんだろう。。




インストの曲(タイトル不明…)もカッコ良かった!!

話は変わりますが、最近35xxxvも良く聴いております。
このアルバムも良曲いっぱい!
35xxxvからはたしかCry outをうたってくれたはず、、
とーるくんがめちゃ40Hzで叫んでたのモニターで見た記憶が。。
あ、Mighty Long Fallは絶対やった!
ヘドバン激しかったのこの体が覚えてる。。笑
ちなみにわたくし35xxxvだとSuddenlyも好きです。


あとね、ワイヤレスならではの自由な演奏も魅力的です。
TakaもRyota君もとーるくんもくるくるまわってるよね。
あれ、素敵。


今日もゲストに大山流杏ちゃん!
ギター一本でWherever you areをカバーしてうたってくれました。
オリジナル曲もかっこ良かった!!





あとなんだろう…
あ、今日のアコースティックコーナーで
Wherever you areをうたうTakaが泣いてるように見えました。
モニターでTakaの只でさえキラキラの瞳が更にきらきらして、、






TakaはMCが熱い!(追記)


なんとなくLIVEのMCてご当地ものや面白エピソードで会場を笑かすみたいな?
ゆる〜いイメージがあった(←わたくし的概念の話)のですが、、
幕張2日目のTakaのMCはすんごいシリアスだったのが印象的でした。
なんかモニターに映ったTakaのどアップの表情見ながらMC聞いてたら…
さしで居酒屋に居る様な錯覚に陥るくらいTakaの本音を聞けた気がしたよ。

僕らはアイドルバンドじゃない。

これはちょっと意外でした。
be the lightで彼らを知った第一印象は“異国のバンド”でしたから。。
映画館からお家帰って、、いいサウンドだったな…て思って
youtube調べて、、MV出て来て、、
Takaを見た第一印象もハーフ?日本が好きな外国人?帰国子女?
更にプロフィール見て、、あ、日本人なんだ。
え″、森進一さんの息子さんなんだ!!みたいな…
色々想定外すぎて、、ワンオクがアイドルとは一度も思ったことないです。

なんとなく外見と中身のギャップで誤解されがちなひとなのかな、、
なーんて思ってみたり。←これ、あるあるなひとも多いはず!

でもそんなことはきっと杞憂に終わるでしょう。
ライブを見れば(映像でも)。


ワンオクに夢をみないで欲しい。


これは斬新な発想だな。。この男、面白い!と思った瞬間でした。
というのも音楽業界=夢を売る仕事=騙してなんぼの世界(←これもわたくし的概念の話)
わたくしの場合はじめての就職が音楽業界だったわけで、
よく周りに「騙されてないか?」と心配されたものでした。。
このTakaの発言はとても健全だし至極まっとうよね。

無茶をするのがロックみたいな(←これもわたくし的概念の話)のも
Takaからしたら「?」なのかもしれない。

わたくしにとっては革命的なMCでございました。
一度さしで飲みに行きたいと思う今日この頃。笑


依存、自立

アーティストとファンの関係性が依存というカタチに陥りやすいことへの
警鐘もTakaは真摯に話してくれました。

途中、Takaの幸福論(もはや哲学)も聞けたし。
なんかあたらしいロックを感じました。←なんやそれ?

今日までの10年、これからの10年、
そんな話もしてくれたよなぁ…

ひじょーに濃いMCでございました。あざす!!






もーね、生のTakaの声はやっぱすんごいですよ。
どんだけシャウトした後にバラードうたっても美しい声がまったく潰れないの、
何気にすげえですよ。
毎度このボルテージでステージやるってぱねえですよ。
ホント、今夜のTakaは幕張まぢでぶっ殺しに来たんだなーて思いました!!


















更に追記

ワンオク×ReNさまのマリンメッセ福岡、
とりあえずホテルだけは抑えました。笑
当日券取れるかな。チケット探さなくちゃ。。
ワンオクまぢてごわいけど燃えるReNさま(燃える星の王子)は
まさに隕石ですから、、福岡の夜はきっとなにかが起こる!!
わたくしはただ、美しい男達の燃える一瞬の輝きを
この瞼に胸に焼き付けておきたいのです。











雑記です。




久々の更新です。。
久々つづきで何ですが、久々にサイゼリヤに行ったのです。
サイゼリヤと言えば学生の頃友人たちと長居して大変よくお世話になったものです。
今日は限定メニューの“トマト味ボンゴレ”を食べました。
ボンゴレ、学生の頃よく食べたなぁ。。











懐かしい味と共に懐かしい記憶が蘇えるわたくしでした。

んで、不意になんとなく写メを撮ってみたり、、
こうして改めて観るとサイゼリヤてけっこうおしゃれな内装なのね。











そ言えばこのブグローの天使、よく見ると男の子は天使の羽だけど
女の子は何故かの羽なのよね。。
前からずっと気になってたんでちょっとだけ調べてみました。











由来はギリシア神話のようです。
男の子はエロスの天使(愛のキューピッド)で女の子はプシュケという天使なのだそうです。
Psyche(プシュケ)はギリシア語で蝶を意味するらしく羽が蛾みたいなのはそれが由来らしい。
ちなみにPsyche(プシュケ)は英語読みだとサイケデリックのサイケ。
エロスとサイケの愛の物語でございました。。
なんのこっちゃ!











いま気づいたけど、サイゼリヤの内装てプチルーブル美術館ぽいね。
ルーブルとか行ったことないけどね。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。