FC2ブログ

レポ、長い、注意。




先達て仕事帰りのOL感丸出しで…ぎりぎり横浜にてReNくんのライブに行って参りました!
ほぼ予備知識なしのわたくしでしたが一瞬にして蓮くんの声と多彩な魅力に引き込まれ…
本来どうもライブレポやら人様の音楽について語るのは苦手というかなんとなく自粛して
いるわたくしでありますが(←話がとんでもなく脱線するので…。)
今夜は訥々と思い出しつつReNくんの魅力について語ってみようと思います。











写真は“Ikiru”のCDの裏面なのですが曲のタイトルを1枚づつReNくんが
マジックペンで書いてるんですよ。
小心者のわたくしが勇気を振り絞って「このCDは手作りなのですか?」と小声で尋ねると、
「去年1年かけて弾き語りライブ100本やりながらCD手売りして儲けさせて
もらったので今度のアルバムは“ちゃんとしたプラスチックのケース”なんです。」

と、無邪気に語る蓮くんの笑顔がとても素朴でかわいらしいのなんの。
笑うとえくぼが出来るんですよ。八重歯にえくぼですよ。かわいすぎでしょ?

兎に角、ReNくんのあまりの眩しさにライブ中直視するのが恥ずかしいというか…
借りてきた猫みたいな心境と申しますか、猫というより始終…
“借りてきたはにわ”という風情のわたくしでありました…。

















最後、両手で包み込むような握手をしてもらったのですが
それはとても包容力のあるギター弾きの手でした。
そしてなにより印象的だったことは蓮くんの真っ直ぐで透きとおったきらきらとした瞳。
あの眼差しの前で“わたくしのはにわ化”が更に加速し
化石として古墳から発掘された埴輪のカケラの如くうろたえてしまい(←例えが難解)
何の言葉も出てこず、相変わらず情けないと思った所存です。

あの美しい瞳はどこかで見覚えがあるな、と帰りの東海道本線でもの想いに耽って
おりましたらわたくしふと思い出しました。その正体はビジンダー!
女必殺拳の可憐な志穂美悦子様の写真を見てわたくし確信いたしました。
そうです、この眼差しです。ここまで読んで軽く失笑するあなたに問いますが、
あなたはビジンダーを目前に平常心を装えますか?答えはきっとNo!
今日からあなたもわたしもハニワ仲間。











案の定、話が脱線し放題ですね…。
話をライブの冒頭に戻しましょう。←今さらかい!?
確か“Illumination”の最後ら辺で激しくギターをストロークするシーンが
あったのですが、ReNくんがふとピックを床に落としてしまったんですね。
そのまま指で激しくストロークを続けた蓮くんの右手から
どんどん爪が削られて雪みたいにはらはら落ちるのを見た時、
このひとは例えどんなに小さな箱であろうが短い時間であろうが
魂を削って本気でステージに向かってるんだなと…
そこでこちらも“ただのはにわ”ではいられなくなるのです。
Good byeという曲でわたくし久々にホロリしてしまいました。
サビ以外ははじめて聞いた曲でした。
うたい出し一行からひとの心をその世界に引きずり込む魔力のような
ものが確かにあってあの集中力に恐怖さえ覚えたわたくしです。

“生きる”

この曲もサビ以外ははじめて聞く曲でした。
想像よりずっとダークで光と影のコントラストのある壮大な曲。
どの曲でも思ったことは蓮くんのファルセットの魅力でしょうか。
そもそも蓮くんのうた声は往年ずっとわたくしが無意識に
探していた天性の声の持ち主なのですよ。(←超個人的見解ですが…。)
低音域、中音域、ファルセット、それぞれ毛色が違ってそれぞれが
自在でそれぞれに独特な魅力があって、不思議なゆらぎも感じます。神秘的!
ここまで語るならいっそ白状しちゃうけど、わたくし息継ぎフェチなのですが
所謂ブレス音があざといのが苦手で、蓮くんのような超ナチュラルブレス
なのになんかとってもセクシーみたいなの最高じゃないすか?

は?何言ってんの。と思われた方は一度息継ぎだけ意識して聴いてみて下さい。変態!
きっと良き理解者がこの世のどこかにひっそり隠れていることを信じて止みません。

えーい。長いぞ!
35分くらいのステージだったのに、レポが無駄に長すぎるぞ!
エドさんの曲も歌ってくれました。Photograph。
エドさんはわたくし+しか持ってませんので今度ミドリのも聞いてみます。
あの方もとてつもない美声をされてますが、なぜかセクシーさを感じません。
あ、エドさんファンに怒られる!あくまで個人的見解です。
わたくしにとってセクシーは非常に重要なポイントなのです。
その点、ReNさんはセクシーなのでわたくしにとっては
エドさんより貴重な存在です。
↑なんだろう、この自動翻訳みたいな文章…。





最後に“Lights”もうたってくれました。
待望のファーストアルバム“Lights”は6月1日リリースらしいよ。

FMヨコハマ(毎週金曜19:20〜19:40 おれん家へようこそ!)
ReNくんラジオ面白いぜ。ラジオ、なんかとっても似合ってる…。

ところで、なんか抜けてる気がする…。もう1曲あったような…。
はにわの限界。だってわたくしものすご緊張してたんですもの。
なぜ客であるお前が緊張するのかっていう話ですが…。





やっとこGETした“生きる”の3曲を無意識に無限ループしてしまう今日この頃。
ライブがあったあの晩、カルチャーショックからかまったく眠れず(子供か!)
翌日軽く微熱まで感じ(知恵熱か!それでも大人かよ!)小鳥ピヨピヨ朝ですよ…。
蓮くんの作る曲なのか声なのか解りませんがカナリの中毒性がある気がします。



あー長いぜ。ここまで読んでくれたあなたはきっと気の長い仙人の様なひと♡
案の定、わたくしレビューだのレポートだのに向いてない人間だということが
はっきり証明されましたので、今夜はこの辺で…。








毎度うっかり嘘をつき忘れるエイプリル…




今夜はお好み焼きだったんだぜ。

お好みって個性が出る食べ物だと思いますが、わたくしがいつも入れる食材は…
キャベツ、ベーコン、かぼちゃ、しいたけ、もち、チーズ、干しえび、あおさ、
かつを節のだし汁、生卵、小麦粉8に対して片栗粉2の割合…てな感じです。
ま、ふつーですね。
ほんのり片栗粉を入れることによって不思議なもちもち感を出したり
キャベツをたっぷり入れるのが特徴でしょうか…。












今日はなぜか突然“ユニコ”が見たくなって帰りに蔦屋で借りてきたところです。
ユニコとはなんぞや?手塚治虫×サンリオの映画があるのですが、
みなさんご存知ないでしょうね…。わたくしが子供の頃に劇場で観た記憶があります。
まぁ〜とにかくかーわいんですわぁぁ〜。ぅへぇ〜。ユニコかわぇえ!!
子供心にわたくし“西風の精さん”に憧れまして、将来はこんな女性になりたい…。
と、ひっそり想ったものでした。今見てもやはり西風さんて、す・て・き・ね♡
こういう作品て大人になってから見返すといろんな発見があって心に沁みます。





ちなみにわたくしの憧れの西風さんは8,26秒あたりで登場します笑。








たしか西風さんの声は倍賞千恵子さんだったと思います。
倍賞さんの声はなんか落ち着きますね、癒されます。





つづき。








ユニコが愛のパワーでユニコーンに変身するとき(4,55秒)の美しさは今見てもうっとり…。
あ、映画のはじまりの部分が見つかりません…。御免。