⊂∞∵△∋⊥∧Ω×Å∴∝†…




とうとうカテゴリにReN☆さま(つのだ☆ひろ風)を作ってみましたよ…。
すっかりReNさまに夢中な今日この頃。いま、そこのあなた笑いましたね。へっ!
別にいいぢゃないですか。だってReNさまかっこいーんだもーん。へーいへーい。
さて、今夜は先日の横浜O-siteでの熱い夜を思い出しながら綴ります。





4/25 yokohama O-site
ReN set list

1 Illumination
2 little green bird
3 生きる
4 good bye
5 lights





▲本日のReN様のお衣装▲

GUNS N' ROSESのTシャツ。ブラック地にクロス柄。
やや光沢のある素材の黒い膝穴スキニー(やたらsexy…)
日本色名でいうところの蕎麦切色のコンバース。





1 Illumination

ReNさまとびっきりの笑顔で登場。ま、眩しい…。

この日はギター1本でした。martin+エドセット。
loopstationを器用に操るReNさま。
魔法のように音が重なっていく様子にワクワク。
セッティングされたものを覗いて見ていたわたくしですが
なんのこっちゃわかりませんでした…。
始終楽しそうなReNさま。わたくしも嬉しゅうござます。





2 little green bird

例の新曲でございます。
先達てわたくしがうっかり聞き逃した…の部分は
なんと、littleなのでした。


クラプトン熱がまだ覚めないと切ない表情で語るReNさま。
その熱い眼差しでココちゃんを想いながら曲を作ってしまったReNさま。
ココちゃん、あなた愛されてるわね。うらやましい限りでございます。

MC「本当は鳥は自由に空を飛びたいだろうし、ケージに入れておくのは
可哀想なことだと思うんだけど、僕はココちゃんが大好きだから
ずっと一緒にいたいし離したくないんだ。切ないよね。そんな曲です。」

わたくしはそんなReNさまが愛おしいのでございます。





3 生きる

いままでわたくしが観た“生きる”の中で一番熱い“生きる”でございました。
でもなんだろう…ReNさまの胸の内から色んな感情が爆発したような
そんな激しい一面と謎の切なさにわたくしドキっとしてしまいました。
今宵、たしかにわたくしの胸に何かが突き刺さりました…。





4 good bye

なぜかカウンターチェアーが登場。

百戦蓮磨のお話をした後、ReNさま初めての座りスタイルでの弾き語り。
ちょっと目線が下がる分、ReNさまが近くに感じて。。。
先ほどから何度も抹殺していたわたくしの煩悩ちゃんが…
煩悩に負けるとReNさまの芸術を見逃すことになるのです。
しかし、何度殺しても起き上がる強靭な煩悩ちゃん。
けれどもわたくしは1秒たりとも見逃したくはないのです芸術を!
だのに煩悩の野郎がそれを見事なまでに邪魔するのです。
ホント、申し訳ない。
わたくしReNさまのやや光沢のある素材の
黒い膝穴スキニー(やたらsexy…)に目がいってしまい、
何度か芸術を見逃してしまいました…。

ホント、申し訳ない。





5 lights

引き続き、椅子に座ったままでのスタイル。(続・やたらsexy…)
いままでわたくしが観た“lights”の中で一番熱い“lights”でございました。
ReNさまややブチギレ気味?ってくらいの激しさでございました。
先ほどわたくしが煩悩に負け集中力が欠けてしまった件がバレてしまった
のでしょうか…。とにかく今宵は攻め攻めのReNさまでした。





△△△ここまでがライブレポートです△△△





本日の最後の出演者、高高さんのアンコールのあたりで
わたくしのシンデレラターイム(終電の時間)がギリギリのヨカン
でしたので、後ろ髪を引かれつつ途中で帰るわたくし。とほほ…凹
高高さん、テイラーにペイントしてましたね…。アクリルでしょうか。
小心者のわたくしからすればいろんな意味でゴイスーでございます。
話を少し前に戻しましょう。
後ろ髪を引かれつつ会場を出るわたくし。
やや急ぎ足でうっかり逆方向へ。あ、ここ降りれないぢゃん!

そこで偶然ReNさまに遭遇。なんだろうこの少女漫画的展開らぶりー。
例の包み込む様な男気溢れる握手をして頂きました♡(本日の幸運MAX)
突如わたくし頭真っ白“借りてきた埴輪状態”に…。相変わらず情けない。
「⊂∞∵△∋⊥∧Ω×Å∴∝†…。」
壊れた自動翻訳の様な言葉しか出てきませんでした。。

⊂∞∵△∋⊥∧Ω×Å∴∝†…。これを訳しますと次の様になります。
正解:今日のReNさまは熱いステージでしたね。わたくし胸がドキっとしました◎





最後に、ReNさまのぬくもりが残っているわたくしの右手の写真をご覧下さい。
タイトルは「燃える手」でございます。それでは今夜はこの辺で。














スポンサーサイト

エレクトリックプランクトン










昨夜はReNくんに会いに代官山へ。
わたくし代官山なんて10年ぶりくらい…。もはや異国。
さて、夢のような昨夜のひとときを忘れぬうちにレポりましょうかね。





4/21 代官山LOOP
ReN set list

1 Illumination
2 新曲(…green bird)…の部分が“わたくしの煩悩”のせいで思い出せません。
3 Lights
4 生きる
5 Change the World(クラプトンカバー)





▲本日のReN様のお衣装▲

古着ちっくなブラック生地の袖がワイドでスペイシーなデザインの
パープルなジミヘンがプリントされたTシャツ×重ねT。←長っ!
チャコールグレーのスキニージーン。シルバー×黒ラインのNIKE。





1 Illumination

ループステーション×マイク2=エドセット。
ギターは小さいマーティン。

ギターは指弾きとピック弾きで分けて演奏されていた模様。
↑何度かピック(白い△)を客席に投げるでもなく地味に床にポイって
する仕草がなーんとも可愛らしいのでした。
うた声&演奏ともに印象としては、なんだかとってもやさしいオーラに
包まれたロマンティックなIlluminationでの幕開けです。





2 新曲「…green bird」

ここで大きいマーティン(シングルOタイプの)に持ち替え。

クラプトン来日最終日のコンサートに行ってきたお話。
彼に触発されて昨日の晩ずっと曲を作ってて…新曲が出来ました!と
嬉しそうに話すReNくん。珍しく歌詞を全編英文で書いたとのこと。
蓮くんが飼ってるアオボウシインコのココちゃんをイメージした
できたてほやほやの新曲を宇宙初披露弾き語りしてくれました〜♪
ちなみに曲のタイトルが「…green bird」うろ覚えです。何故ならば、
そのとき不意にReNくんの横顔の喉のラインがきれいだな…とか
うっとり見とれてて意識が完全にそっちに乗っ取られました。

ホントしょーもないですねわたくし…。ばかばかばか。
しかしま、なんだかやさしくて切ないよーなかーわい曲でしたよ。
は〜もう人間やめてわたくし鳥になりたい。
焼き鳥はヤーよ。





3 Lights

ここで小さいマーティンに持ち替え。
ギターからpianoの音が…。
演奏もスペーシーでロマンティックな感じでした。
なぜか今夜はロマンティックなReNくん。
蓮くんが光ならわたくしは夜の水田で光を求めて浮遊するプランクトン。
ミカヅキモって感じ。えーい、ボルボックスでもいいや。
とにかく先ほどから人間やめて何かになりたいわたくし。笑





4 生きる

ここで大きいマーティンに持ち替え。

ここまでのロマンティックムードが一変。
お前、さっきから人間やめてんぢゃねーよ。怒。
しっかり生きろ!

と言わんばかりに叩きながら弾くワイルドなイントロ。
なーんか痺れましたね〜。
あ、ちなみにわたくしやっとこさエドさんの緑色のアルバム聴きましたよ。
I See Fire、Photograph…etc やっぱこの人天才だわ。
ぬいぐるみみたいなのにね。





5 Change the World(クラプトンカバー)

ここでクラプトンの話だったかな…うろ覚え。
エリックの衣装がジャージで格好良かった件と、セットリストが独特というか
玄人向けというか…やって欲しい曲をやってくれないというお話。
そこで最後にReN君がクラプトンの名曲をカバーして歌ってくれました。
これは本日のspecialですね。も〜わたくし含め会場全体うっとりの嵐。

改めて気づいたこと、蓮くんはとってもギターが似合うんですよ。
顔モデル並みに小っさいし、肩から腕のラインが美しいのなんの。
ほんと蓮くんリアルLittle Princeちゃんだわ。
わたくし砂漠で死にかけてた飛行機おじさんだわ。
最期に幻でもみたのかな…。

なんだか切なくなってきたので今日はこの辺で。








🌟













王子あらわる!








そんなときこそ




昨夜もその前日の夜も、震災の報道から目が離せずどうにもこうにも眠れない。
久々におーほりさんのツイキャスをリアルタイムで見ることが出来たんだけど、
ohoriさんはたしか福岡だったと思いますがキャスの中継の間も何度か揺れていて
それでもいつもの様にうたを届けようとしているohoriさんに何かメッセージを
送りたかったのですが送り方がわからず…ツイッターにただの独り言を呟くこと
しか出来ませんでした。そもそもohoriさんがわたくしのツイッタのアカウントを
知ってるのかどうかも分かりません。前に2度程ツイッター越しにこちらから
声かけさせて頂いた程度ですのでおーほりさんがこちらのことを覚えている
かどうかも分かりませんが、何かしら言葉を送りたかったのでした。
しかし、どうにも言葉が出てこない。こんなときこそユーモアを…。
そんな風に思うのですがね。わたくしは無力なのです。

九州にはまだ一度も訪れたことがないわたくしですが、
憧れの先輩ミュージシャンの面々のHOMEでもある土地ですので
わたくしにとってはやはり特別な場所であるわけです。
どうか皆様、御無事でいて下さい。
今はただ、そう強く念じることしかできません。





そんなときこそ、ラジオからはいつもの様に音楽が流れて
誰かのユーモアが誰かの心に少しでも元気を灯してくれるかもしれない。
いつかのわたくしがそうであった様に。









頭くらくら部屋中に漂うORANGE臭…










わたくしの長年の相棒シーガルギターMOTIFちゃんの弦を久々に張替え中。
以前、このコにボディペイントしようかとカナリ悩んだ挙げ句止めときました…。
写真ではあまりわかりませんが結構、傷だらけの天使ちゃんなんです。
傷を隠そうと透明アクリル絵の具で木目を活かしたサイケなペイントしちゃおっかなーて
思ったわけですが、止めといて正解だったかも…。失敗したらヤだもんね。
傷だって勲章だと思えばカッコイイのだ!!いえ〜い!
このコを車に乗せていろんな場所に連れて行ったよね〜旅は道ずれ世は情け!
思えばわたくしずっとこのカタチのギターちゃんが好きだったみたい。
そう言えばReN君がメインで使ってるギターちゃんもカナリタイプだわ♡
てかReN君自体がタイプなんだわ♡
ReN君のCD聴きすぎてレコードだったらへろへろなって音飛びとかはじまるヨ・カ・ン。
CDもあんまし連続して聴き続けると劣化したりするんですかね。
また蓮君のライブ行きたいぜ!今度こそハニワ化せず冷静に人間らしくありたいものです。
先達てのYOKOHAMAの箱の雰囲気は小劇場みたいで非常に良い感じなのですよ。
しかし遠いぜ横浜。いろんな意味でギリギリ。終電もギリギリ。
いずれまたどこかでいかにも仕事帰りのOL風情で伺えたらと願う今日この頃です。








サウンドホールの模様がお気に入り。
これは蝶なのか、なのか!?











昔レモンオイルに酔ったんでオレンジに変えてみましたが
この手のオイルの臭いはどうも苦手です…。
アロマオイルとはなーんか違うのよね。あー酔いそう。














今日も今日とてひきもっこり




今日も宇宙的なスタヂヲにひきもっこりのわたくし。
小さい旅がしたい。小さいギターとか持って。

先達てReN君が弾いてた小さいMartinが気になる今日この頃。
Little Martinて所謂トラベルギター的な印象しかなかったけど
あの日以来、概念ぶっ壊れましたもの。
ま、弘法筆を選ばずみたいなことかもしれませんが…。





ふとわたくしが学生の頃使ってたAnboyの不思議なギターちゃん
のことを思い出しました…。


おもちゃみたいなギターだったけどカタチがかーわいかったんだよね。
蓮くんがメインで使ってるシングルOタイプのお洒落なシルエットで
なぜか裏側がオベーションみたいになってるやつなんだけど。笑
誰か知ってる人いないかなぁ…。あれはウケる!笑っちゃう。
一応イコライザーなんかも付いてて、エレガットタイプだったんだよ。
エレガットってところも不思議ちゃんでしょ?
とってもチープなギターだったけどライブで普通に使ってました。
知人に譲ってしまって今は手元にないけどね…。うーむ残念!
写真くらいは残ってるかもしれないのでちょっと探してみます。

ちなみにエレガットの他にエレアコタイプのもありました。
カラーもサンバースト系から色々…。
わたくしが持ってたのはナチュラルでした。かわいかったな〜。はぁ。
譲ってしまったことを今激しく後悔しております。
今さら返して欲しいとか言えない。笑

検索しても出てこなーいと思ったら1件のみ出て来たぞ!

Anboy(アンボーイ)っていうギターメーカー
https://yanusaudio.wordpress.com/2014/05/23/anboy(アンボーイ)っていうギターメーカー/


これは↑エレアコタイプの様ですが、
色もカタチもわたくしが持っていたものと同じですね。
懐かしい〜。中古で探そうかな…。








追記

ありましたぜ…写真。これが例のエレガットちゃん。
1998’てことは、えーっと…わたくし22歳。

革の“ひざあて”ですよ。笑
我ながらすんごいファッションセンスですな。あーあ凹














正しいレポ、短い。




昨夜のReN君のライブレポは我ながら失敗×だと思ったので、
今日は、正しい◎ライブレポートを綴ろうと思います。


4/7 yokohama O-site
ReN set list

1 Illumination
2 Good bye
3 生きる
4 Photograph(エドさんカヴァー)
5 Lights

※曲数&曲順、MCのタイミングなどうろ覚えです…。
 間違いがあったらすみません!





1 Illumination

ReN君白いパーカーを腕まで捲り、グレーのケミカル系スキニージーンズ、
濃紺っぽいラインの白いNIKEのスニーカで颯爽と登場。

ギターは蓮君がメインで使ってるMartinのシングルOタイプのものと
小さいタイプ(Little Martinっぽかった)の2本置いてありました。
ループステーション&マイクスタンド2本。

ReN君のセクシーファルセットがいっぱい聴ける名曲!
アウトロ激しいストローク中にピックが落ちてしまい
そこから素手で弾き倒した姿に男気を感じ、惚れました…。
右手の爪が削れ落ちるのが見えたくらい激しかったです。





2 Good bye

MC:4月1日からはじまった初のレギュラーラジオ番組
おれん家へようこそ(FM yokohama 毎週金曜 19:20〜19:40)
についてお話されていました。

ReN君「切ないラブソングです。」

うたい出しの“あなたに逢えてよかったわ”からもの凄い勢いで引き込まれました。
この日はじめてフルで聴いた曲でしたが、涙がほろほろ。。





3 生きる

ここで小さいMartinに持ち替えたような記憶が…。違うかも…。

ダークなうたい出しから光と影のコントラストが壮大な名曲。
この日が来るまでReN君のinstagram15secの動画で無限Loopしまくってて
ずっとフルで聞きたいな〜と気になってた曲でした。
ギター1本の弾き語りでここまで壮大な曲を表現出来る人をあまり知らないので
すっかり圧倒されてしまい、その晩はまったく眠れず翌日知恵熱が…。苦笑





4 Photograph(エドさんカヴァー)

MC「今日はじめてカヴァーするEd Sheeranの僕の大好きな曲です。」

サビが全面ファルセット天国なので“ファルセットフェチ”には
嬉しい選曲かもしれません…。





5 Lights

どこかスペーシーな印象のギターアレンジがお洒落で個人的にどタイプな名曲。
6月1日にReN君の1stアルバム“Lights”がリリースされるそうです!
ヤッホーぃ!楽しみですね。














終演後、物販にてCDにご本人からサイン頂きました!
手作りCDみたいでとてもシンプルですがレコード風の紙ジャケが素敵です。
最後に両手で包み込むような“男前な握手”をして頂き、ドキドキでした…♡
ReN君の瞳はとってもきらきらしていて“ビジンダー”にそっくりでした!








よし!寝る。笑