スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q:もしもタイムマシーンがあったなら過去それとも未来どちらに行きたいですか




今日(もう昨日)は古着&楽器屋巡りをして北海道みそらーめん食べて
コンビニで夕張メロンシャーベット(←偶然北海道系)買って帰りに
蔦屋にてバックトゥーザフューチャー借りて今見終わったところです。
そしたらReNさまゲストのRCCラジオ聞き逃したことに気づいてプチショック!
昨日もRCCラジオ聞き逃した!しかしReNさまプロモーション活動頑張ってますね。
うっかりしてるとわたくしいろいろ見逃しそうな勢いでございます。
わたくしも何か(何をだ?)頑張ろうと思う今日この頃。








あ、昨日の朝みた夢の話ききたいですか?
別にどーでもいいすか。







わたくしReNさまにこっぴどく叱られまして、
そのシュチュエーションに何故か燃えたのですよね。。
何故叱られたのかは謎ですが、なんか燃えたのよね。。
ReNさまもっと強くわたしを叱って!みたいな。。
どんな状況?わたくしてこんなひとでしたっけ?
ま、そんな夢でした。








このギターかーわい。







このスピーカでかっ!かっけえ。







ピックきらーん✨







どーん💥










スポンサーサイト

SEKILALA




白、ベージュ、紺、黒、灰色…。これ、今のわたくしのクローゼットの中の服の色模様。
相変わらず服に無関心なのでもっとおしゃれさんになりたい。
サイケな古着を大分断捨離したので、その衝動なのかまた古着屋巡りに行きたい気分。
目標、落ちついたトーンのスペーシーな大人サイケ!





今朝、夢に愛しのReNさまが…。
ところでわたくしReNさまのことが大切すぎて死にたくなるほどです。
かわいすぎてかわいすぎてかわいすぎてもーどーしたらいいのかわかりません!
かわいすぎて消えたいかわいすぎて消えたいかわいすぎて消えたいかわいすぎて消えたいかわいすぎて消えたいかわいすぎて消えたいかわいすぎて消えたいかわいすぎて…f.o
だのでちょっと頭を冷やそうと思う今日この頃。
変なコメント(エロい系)とかしない様、禁止中。
我ながらわたくし本音が漏れ過ぎですのでね。。
悪目立ちして大切なReNさまの迷惑になったらヤだから!
もうすぐReNさまにとって大切な6月がやってきます。
わたくし大人しく見守ろうと思います。LOVE。














今の気分。

SHERBET「SEKILALA」 M-8 ひまわり








おれん家へようこそレポ!




さてさて、今夜は勢いに乗って連続してライブレポ綴りますよっと!
今回はReNさま初、自主企画ライブ「おれん家へようこそ!」のレポです。





5/22 yokohama O-site
自主企画ライブ「おれん家へようこそ!」
ReN set list

1 Illumination
2 good bye
3 時間切れ
4 生きる
5 little green bird
6 friends forever

アンコール

7 mush up(ReNさまのinstagramにUPされてる感じの色んな曲がまぜまぜしてあるやつ)
8 lights







▲ReN様のお衣装▲

ReNさまお気に入り?の迷彩柄のざっくりTシャツ。
やや光沢のある素材の黒い膝穴スキニー。
夢のスニーカー。





今回はReNさま初の自主企画ライブということで他の出演者の
皆さんが登場する際に、司会の様にステージ袖でMCをこなすReNさま。
もーなんだか、いろんなReNさまが観れてわたくし感無量でございます。


ところで、わたくし今回すんごい良い番号のチケットGETしましたの!
な、な、なんと、1番!人生初ですわ。1番、1番、1番。←浮かれ過ぎ。
たまたまバイト中上司に買い出しを頼まれましてついでにローソンに
寄った際の奇跡のチケット。ありがたや〜。














1 Illumination


1番なんていうチケットをGETしたもんですから、
つい欲が出てマイクスタンドの真ん前へ…!
しかし毎度思うのだが、ReNさま近すぎ!緊張する!
そんならもうちょいはしっこの席にしたら良いのに。
されど本能的に近くへ行ってしまう。

おかげさまでループステーションの扱い方をちょっとだけ
覚えてしまったくらいです。あーなんか面白い。
ルーパーちょっと欲しくなってきたかも。
わたくしもまねっこしてルーパー買っちゃうかも。

会場から手拍子。ReNさまご機嫌。笑顔が眩しい!
ああ、GODよ。もう、わたくし思い残すことはありません。





2 good bye


目の前でこの曲を歌われると、やはり涙腺が…。
だんだんわたくしに向けてReNさまが「good bye」してる感覚に。

やめてReNさま、good byeなんてやめて!

まだ出逢ったばかりなのに。←なんのこっちゃだわ。





3 時間切れ


これはReNさまにとって初恋の苦い思い出の曲らしいのです。
初恋かぁ…。ReNさま、この苦い経験を笑い飛ばせるくらいの勢いで
歌ってくれました。好きな女の子の前だと何を話したらいいのか
わからなくなってしまうとってもシャイなReNさま。
ラジオではあんなに滑舌良くお話されているのに…。
ま、そんなもんよね。
わたくし、そんなReNさまの気持ち心底よーくわかりますよ。
消えてなくなりたくなるくらいわかります。
今だってReNさまを目の前に死ぬほど緊張してるわたくし。
日増しに緊張の度合いが酷くなっている気がします。。


ちなみに、わたくしの初恋はせっちゃん(斉藤和義さん)ですの。
アニメのキャラに本気で恋してるオタクちゃんと同じ人種ですから。
あまりに非現実的すぎですから。





4 生きる


毎度わたくしのいかれた浮かれた頭を冷やすのに丁度良い
タイミングでの“生きる”。

少し冷静になったところで、
「こいつ、まいどまいど俺の真ん前にいるけど何者?」とか
ReNさまに思われてやしないか…。ちょっと心配なわたくしです。
それって自意識過剰?きっとReNさまはそんなの気にしない。
そもそもわたくしのことなんか気にしてないから安心しろ。
宇宙の様に広い心を持つReNさまだから♡





5 little green bird


あー切ない。なんか、ホネちゃんを思い出しちゃった。
カラスのひなのホネちゃん。いつも一緒のホネちゃん。


↑超、わたくし事。失礼。





6 friends forever


感謝の気持ちって大切。
それを忘れてしまったら、おしまいだと思う。
そんなあたりまえのことを、忘れてしまいそうになる時がある。
そんな時、このやさしいReNさまの声が聴こえてくるよ。





アンコール


7 mush up(ReNさまのinstagramにUPされてる感じの色んな曲がまぜまぜしてあるやつ)


チラっと出てくる「ドリーム」ていう曲が気になる木!
ReNさま、じらしプレイですか?そんなにじらして楽しいの?
ReNさまのいじわる!どSなんだからっ!





8 lights


ループステーション大活躍。
毎度思うのですが、コーラスが不思議。あれ、どーなってるの。

ReNさま。わたくし、この曲にぼこられっぱなしでござんすよ。
自発的に光るということを忘れがちに生きてしまっている。
与えられてばかりじゃ…。特にここ数年、変身願望が強いわたくし。
人間、そう簡単に変われるものではないけれど、
もっとちゃんとした大人になりたいと思う今日この頃です。








↑ReNさまのinstagramから勝手にスクショしました。
わたくし、どこかに写ってるはず。ヒント、モナリザ入ってる。笑








せっちゃん“風の果てまで”ライブレポ。ひじょーに長い!





さて、今日はオフなので時間がありあまる程にありますのでね、
先達ての斉藤和義さん日本武道館のライブレポでも綴りましょうかね♡

毎度遅れ気味のライブレポ…。文章書くのに結構なエネルギーを要するわたくし。
良い芸術を体感すればする程それに値する文章で綴らねば!と思うのですが…
それがなかなか難しい。





行って参りました!せっちゃん!風の果てまで!
市川市文化会館を皮切りに長い長い旅路を経ての日本武道館 。
千葉の市川以来、わたくし2度目の風の果て、でございます。


万里の長城の最後は、海でした。

長い道を歩き疲れて突如現れた海を目前に我々は何を思うのだろう。
つたないですが、わたくしなりに感じたことを記憶の限り綴ろうと思います。





KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016
“風の果てまで”5.21. 日本武道館 set list


1 あこがれ
2 ワンダーランド
3 君の顔が好きだ
4 攻めていこーぜ
5 うさぎとカメ
6 夢の果てまで
7 Player

(弾き語りコーナー)
8 tokyo blues
9 恋

10 シンデレラ
11 青い光
12 Summer Days
13 アバリヤーリヤ
14 さよならキャデラック
15 傷口
16 やさしくなりたい
17 歩いて帰ろう
18 何処へ行こう
19 時が経てば

アンコール

20 Endless
21 マディウォーター
22 ずっと好きだった
23 ベリーベリーストロング〜アイネクライネ〜



◯本日の斉藤和義様のお衣装◯


日本色名で言うところの鈍色のニューヨークハットに大きな羽飾り。
黒×白のオンブレチェックのシャツ。インナーはUネックのホワイトT。
スリムなブラックジーン。黒のコンバース。





1 あこがれ


アルバムでも1曲目のこの曲。
ライブでも1曲目に演奏されるこの曲。
今、この曲に和義さんからの強いメッセージを感じてしまうのは
きっと、わたくしだけではないはず。

つい人は他人をイメージという概念=目に見えるものさしで計ってしまう。
“やさしさ”というものの正体はきっと、ひたすらに想像することで真実へと繋がる
他人への心眼力なのだとわたくしは常に思うのです。

きっとね、もっと世界は美しいと思うの。
人間もね。





2 ワンダーランド


楽しい時間というものは一瞬にして過ぎ去ってしまう。
ライブもそう。だからこそ、そのすべてを瞼にこの胸に焼き付けなくちゃ。

せっちゃん、トム君、ヒロ君、真壁君、堀江氏、
皆とっても楽しそうだけど、その刹那の表情もわたくし見逃しませんでした。





3 君の顔が好きだ


カントリー風?にアレンジされた君顔。
いつもの替え歌部分はエレガントなエロの中にやさしさを感じます。
堀江氏のおしゃれ鍵盤。真壁君のバンジョー?
トム君、良い笑顔。ヒロ君のウッドベース。どれも最高!





4 攻めていこーぜ


攻め=愛情。だと思っているわたくし。
だからこの曲はとてもタフでナイスガイで男前な曲なんですよ。
守りに入りそうになったら、はなうた歌って自分を励ましてます。
傷つくのは怖いけど、そこを超えなくちゃ!て思うときこそ、
こんなシンプルで男前な曲が必要だと思うんです。





5 うさぎとカメ


今ツアーは巨大モニターがあって、映像がとても美しい。
背景にこの曲のMVが流れるのですが、なんとも癒されるのです。
MVを見てない方、是非一度見てみて欲しいです。
最後のオチが最高にかーわいですから。

人生には勝負がつきもの。
わたくしいつも負けてるけどね。





6 夢の果てまで


どこか初期の斉藤和義氏を感じさせてくれるメロウな曲。
ギターの音色も切なくて泣いてるみたいに武道館の天井に壁に響いてた。

わたくしは歌のなかでの空想でしか斉藤和義を知らない。
もちろん会ったことも話したこともない幻の様なひとだから。
それでも恋をした。
手の届かない、永遠の初恋の様なもの。





7 Player


白いJ45がかーわいかった。
どの曲でも、その曲にあうギターを選んでいる和義さんの繊細なかわいらしさに
わたくし常々敬服しているのです。





(弾き語りコーナー)

8 tokyo blues


懐かしい!なんだろう、この感覚。
タイムマシーンに乗ってデビュー前のせっちゃんが歌う渋谷のアピアで
流れの客2、3人に混じって静かに耳を傾けている様な気分。
どんなアーティストにもそんな時代があるんですよね。
今となっては、まったく信じられないけど。
もしも、そんな貴重な時間を偶然にでも共有できたとしたなら、
それは一生の宝だと思うのです。





9 恋


和義さんのルーツはやはり弾き語りなのでしょう。
歌うたいというもの、最終的にはギター1本でなんとかなるさ的なタフさに魅力を感じます。

この曲を聴くと何故か涙腺が…。
しかしながら思い返せばわたくし過去なんてほぼ何もないのでした。
それもまた、空しいと思う今日この頃。





10 シンデレラ


現実。現実。現実。
現実とうまく付き合って行かなくちゃ。
夢ばかり見てたら、王子様もあきれちゃう。

チーム斉藤、熱い演奏!かっこええ!!





11 青い光


本日、一番印象に残ったかもしれない。照明も幻想的で。

この世界のすべては幻想なのではないかと思うほどに。

和義さん、トランペット吹いてましたがそれがなんともクールでかっこええ!
真壁君がなんだかとってもサイケでした。笑





12 Summer Days


君に届け!キメのポーズ!最高。
瞼のフィルターに焼き付けときました。





13 アバリヤーリヤ


武道館が巨大なクラブに…。
映像も怪しげ。意味もなく踊る。意味って何だ。
そう、意味。意味。意味。意味なんてくそくらえだ。





14 さよならキャデラック


飛ばすぜ!チーム斉藤。映像(さよならキャデラックのMV)もシュール!
お金では買えないもの。それを忘れてしまったら、おしまいだと思うの。





15 傷口


毎度思う。イントロかっこええ。

無傷なまま生きるより、傷のひとつやふたつくらいあったほうが
かっこいい。わたくしが惚れる男がそうである様に、自分自身も何かに
向かうとき、それを恐れないで向かいたいと今でこそ思うのでした。
斉藤さんのすげえところは、そんなさりげない人生の哲学をシンプルに
伝えてくれるところかな。チーム斉藤の皆がこの長いツアーの中で
どんどん和義さんに惚れてしまっている件、演奏で伝わってきたよ。





16 やさしくなりたい


わたくし、チーム斉藤の皆さんのツイッターちゃんと見てますよ〜。
ただ、あまり書かないだけなんです。どうも苦手で…。
こういうブログで好き勝手に書くのとちと違うでしょ?
たまに、あ〜ろくでもねえこと書いちゃったな…て凹むんです。
そんならツイッターなんかやめたらいいのにね。
だから、大人しく見てるだけにしてるんです。あえて。笑

真壁君が流行のルーパーを購入した件で、
どの曲で使うんだろう?と、なんとなく気になってましたが、
この曲でしたか。そうでしたか。渋い!





17 歩いて帰ろう


もー、かーわいよー。かーわいーよー。
斉藤画伯のイラストがへなへな動いててかーわいよー。
そこばっか見てしまいますが、歩いて帰ろうは毎度、斉藤さん
ステージ袖や前方に出て来てくれるし、ピック投げてくれるし、
もーどこ見たらいいのやら、目がいくつあっても足らなーい!





18 何処へ行こう


我々人間はどうしてこうも悩ましい生き物なのだろう。
しかしながら悩ましいとは、そんなに悪いことではない。
真剣に悩んだ結果なら、どんな事実も受け止めたい。
やっとこさ、そう思える様になりました。

そんな“大人チック”なことを、この曲は教えてくれる。





19 時が経てば


大人になるということは、そう悪い事でもないよ。
時を経て、変わるもの、変わらないもの、たくさんあるけど。
そう自分を追いつめないで、もっと気楽にさ。
居酒屋でホッピーでも飲みながら、もっとマイペースで良いんだよ。

“いい加減”という言葉があるけれど、それはちょうど良いさじ加減という
意味で、無駄に力んだら折れてしまう様な背中をやさしく撫でてくれる
ような、実はポジティブ寄りの言葉だと思うの。

この曲でのチーム斉藤の一体感はすんごかった!
このグルーブ感!なんだろうこの説得力!
まるで父親の大きな手の様な。





アンコール

20 Endless


一本の“おおきな木”がギターに生まれ変わる様子のアニメーションが流れてた。
それはまるでシェル・シルヴァスタインの絵本のように。最後、感動しちゃた!





21 マディウォーター


新曲。
どうして人は他人と自分を比べたがるんだろう。
自分が自分のままで生きることって難しいのかな。

ドラマ、録画されっぱなしでまだ全然観れてないや!
今度まとめて観よう。





22 ずっと好きだった


どうしてだろう。「好き!」って一言がなかなか言えない。
“エロ大天使の和義さん”でもそうなんだから、わたくしなんてもっと無理!
わたくしも普段くっだらねえすけべなことばっか考えてるわりに
まったくこういうの言えない!てか、言ったことない!
死ぬまでに一度くらいは言ってみたいです。あーあ。





23 ベリーベリーストロング〜アイネクライネ〜


この曲は、わたくしが斉藤和義氏を知るきっかけになった運命の曲。
ライブ終演後、はじめてアンケート用紙に感想を綴りました。
武道館の出入り口の階段をテーブル代わりに。笑


「あと5分でアンケートを終了しまーす!」


なーんてお兄さんが叫ぶ中、急いで書いたから誤字脱字はあるわ
チーム斉藤のメンバーの皆さんにも何か一言伝えたくていろいろ考えてたら


「残り1分で終了しまーす。」


なーんてお兄さんがせかすから、ものすごいやっつけ感が…。
ヒロ君また身長伸びた?とか、真壁君はルーパーの件、
堀江さんは元気そうでなによりです!だとか、
トム君なんて、イケメン!とか、もはや意味不なことしか
書けなかった自分が情けなくて…。
てなわけで、今日リベンジさせて下さいね。


ところで和義さんには何てメッセージ書いたの?て??





それは、ひ・み・つでーす。






なんだかえらい長文になってしまいましたが、
それだけわたくしにとってすんごい記憶に残る武道館だったのでした。
和義さん&チーム斉藤の皆様、素敵な時間をありがとう。感謝してます。
わたくしもう、何も思い残すことなどございません!
(↑最近、そんなことばっか言ってる。)



以上でございます。



























まぶしい













LightsのMV!ReN君、化粧したとか言ってたからKISSもしくはプリンス
みたくなってるのかと思った
けど、超naturalなReN君でした!
ちなみにわたくし背中ふぇちなので、4,55あたりのReNさまの背中かなりタイプだわ〜。
後ろから抱きつきたい背中よね?(←女の人ならきっとわかるはず!)
海かぁ〜。最近、まったく行ってない海。


今日の気分=海岸をちっこいジープ型のバギーで飛ばしたい。
↓拾い画ですが、突っ込みどころ満載おじさんNice!











ん?これ、バギーじゃないんだ?公道OKなの?
これ、すんごい目立つよね。どんなに地味な人が乗っても超絶目立つと思うよ!


ミニカー登録で公道走行可能な「Big Force(ビッグフォース)」
販売するのは名古屋 JAPTEC のモビリティ部門トライクファクトリー



らしいです。








今日の夕暮れ。雲が波みたいで不思議ちゃん。





P.S

あ〜わたくしReNさまの専属カメラマンになりたい!
昔から写真映り悪くね?で有名のわたくしですが、写真を撮る方は120%自信あります。
なぜならそれはLOVEだから。20ぱー割り増し分はラブフィルターですから。
昔そういうバイトしてて映像編集とか軽く死にかけるくらい時間かかるけど
ReNさまならずっ〜と見てても疲労感0だもんね。
むしろ癒しだわ。

仕事が癒しだなんて最高!ま、うちには映像編集できる環境もカメラもないけどね…。








生きる




ラスト!ちょっと寂しい…。今夜もアルバム“Lights”から1曲、感想を綴ります。
あ、6月になったらTwitter用(ここよりまともな文章で)のレポも書こうかな。
ツイったーて140文字だっけ?音楽評論家(わたくし苦手)ぽくならぬ様、書こう!




「生きる」


3曲入りの「生きる」とは別テイクです。アレンジもより繊細+荘厳になった印象。
先達てのライブ(わたくしが異様にハイになってた5/8横浜O-site)のMCにて、
ちょっとだけレーサー時代の蓮くんの話を聞くことができました。それは、
大きな怪我をしてしまって復帰することが困難だったこと、そして音楽のこと。
若くして大きな挫折を経験した蓮くんにとって、音楽が救いになったこと。
音楽が徐々に蓮くんの傷を心身ともに癒してくれたこと。
そのことは、そのことだけはホント良かったな。て、
わたくし祈る様な気持ちで、そう思った夜なのでした。


“本当の自分 探している”


曲中にでてくる歌詞なのですが、なんだかぞわっとしましたね。この言葉に。
正直、惚れました。この言葉に。


ステージを降りた蓮君はとてもおぼこい。そして、めちゃくちゃかわいい!
だのに、ステージ上の蓮くんは倍近く生きてしまったわたくしの人生を
遥かに追いこしてしまっている!さらに前へ前へと進化しながら。。

ライブで「生きる」を聴く度に、そう感じる今日この頃です。


そして、アルバムの最後にギター1本弾き語りバージョンの「生きる」も
収録されてます。やはり蓮くんは生ライブの人でしょう。毎度、痺れます。


わたくしふと思うのでした。この“今”はとてもラッキーなんだと…。
こんなに間近でReNくんのライブをこの目に胸に焼き付けることができるのは、
“今”だけかもしれない。とても美しい、とても愛おしい。時間。








今宵わたくしはこんな面白い本を読んでます。深い!
星の王子が袈裟着てるよ!かーわいね。



それでは皆さん、おやすみworld🌟
良い夢を。








Illumination




ラスト2曲…、今夜もアルバム“Lights”から1曲、感想を綴ります。





「Illumination」


わたくしこの曲のMVをyoutubeで見てはじめてReNくんを知りました。
聴いた瞬間ものすごく強いインスピレーションを感じたのを覚えてます。

雷落ちました…。

その夜はまっっったく眠れず…一度機会があればライブに行ってみよう!なーんて思ってたら
そのライブがまた衝撃的でその夜もまっっったく眠れず…わたくしすっかりReNさまの虜に…。
そう、わたくしにとって“Illumination”は蓮君との運命的な出逢いの曲なのです。





△ループステーションの謎△


ループペダルの存在はなんとなく知ってましたがここまで多重録音できるものなんだ!
と、多少あなどっていたことは否めません…(←あ、ループペダルのことね。)
いまどきは弾き語りと言ってもエフェクターの魔術師的なアーティストが増えて来て
先達ても高高さん(途中で帰ってすみません)が使ってた不思議なフィードバック系
テープエコーみたいな謎のペダルがおしゃれだなーとか思った所存です。
蓮君の好きなエドシーランのオレンジのCD持ってたくせに彼がループステーションを
使ってたことを知らなかったわたくしです。
ギタリストやベーシストの足元の環境に疎いというか謎というか…。
作りたい音の為にどれとどれを繋いだらいいのやらわたくしには難解で
もはや、ちっちゃい工場にしか見えません。
ちなみにわたくし工場萌えなので、たまーに眠れない夜なんかに木更津方面を飛ばして
ひとりうっとり夜景を眺めたりするんですよ。
わたくしやばいでしょ?
湾岸だと葛西臨海公園の観覧車とか真夜中に真下から観るとちょー不気味で痺れます。





…あ、なんか突然思い出しちゃったけど、昔(11年くらい前かな?)Rock Onで
弾き語り大会みたいな企画がありまして、わたくし“マリア”を歌ったんですよ。
(11年前てことは蓮君小学生?まぁ、かーわい。抱っこしたい♡)←心の声漏れてますよ!
たぶんRock Onが出来たばかりの頃で第1弾の企画のトップバッターだった記憶が。
わたくし尋常でないほどアガってしまい、ほとんど記憶がございません。。
ギター1本弾き語りという条件でしたが、わたくし事前に多重録音されたトラック
が入ったMTRちゃんを持参して+ギター+歌みたいにして行ったんですね。
そしたらスタッフの方に、ギターだけでお願いします!と忠告されまして…。
一瞬どぉーしよーて思ったけど、すみませんっ!このトラックと同期で演奏
させて下さいっ!て、祈る様な気持ちでお願いした件を思い出しました…。
Rock On様、あの時はわがまま言って心底申し訳ございませんでした。今更反省。
というのも“マリア”って多重録音じゃないとうまく表現できない曲なんですよ。
その曲を選んだお前が悪い!ってことなんですがね。
とりあえずひとりだけカオスな状態で浮きまくりの中、長渕家のクラムチャウダー
を頂きまして…骨身に沁みるくらい美味しかったなぁ。。。やさしい味がしました。


当時、わたくし弾き語りでライブをやるときは何処へ行くときも
このスタイルでやってたんです。
エフェクトの類いも事前にプログラミングしたりしてました…苦笑。
所謂、音響さんのいない小さい場所でひとり孤独に歌ってたものですから。
お客さん1人しかいなかったこともあったなぁ…。しみじみ。
MTRちゃんはわたくしにとって音響さんでありバンドメンバーでもあったわけです。
今考えるとこれってループステーションの先駆けぢゃね?て思う今日この頃。
でもリアルタイム録音じゃないからやっぱ別物ですね。
ま、そもそもわたくしアレを蓮君みたいに華麗に操る自信はないです。
毎度思うけどアレ操るのって特別な身体能力みたいのが必要よね、きっと。





なんか無駄に長くなってしまいましたが…
要は長渕家のクラムチャウダーはやさしい味がした!ということです。


それでは皆さん、おやすみworld🌟















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。