スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記です。




久々の更新です。。
久々つづきで何ですが、久々にサイゼリヤに行ったのです。
サイゼリヤと言えば学生の頃友人たちと長居して大変よくお世話になったものです。
今日は限定メニューの“トマト味ボンゴレ”を食べました。
ボンゴレ、学生の頃よく食べたなぁ。。











懐かしい味と共に懐かしい記憶が蘇えるわたくしでした。

んで、不意になんとなく写メを撮ってみたり、、
こうして改めて観るとサイゼリヤてけっこうおしゃれな内装なのね。











そ言えばこのブグローの天使、よく見ると男の子は天使の羽だけど
女の子は何故かの羽なのよね。。
前からずっと気になってたんでちょっとだけ調べてみました。











由来はギリシア神話のようです。
男の子はエロスの天使(愛のキューピッド)で女の子はプシュケという天使なのだそうです。
Psyche(プシュケ)はギリシア語で蝶を意味するらしく羽が蛾みたいなのはそれが由来らしい。
ちなみにPsyche(プシュケ)は英語読みだとサイケデリックのサイケ。
エロスとサイケの愛の物語でございました。。
なんのこっちゃ!











いま気づいたけど、サイゼリヤの内装てプチルーブル美術館ぽいね。
ルーブルとか行ったことないけどね。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。