HARD OFFで ひ・と・め・ぼ・れ😍💘







久々の更新です。
なんとなくSNS全般お休みしてました😴


さて、最近のびっくりニュースと言えばやはり“ギブソン倒産”でしょうか。
J200やJ45はわたくしの憧れのギターでした。
大人になったらいつかはGETしたいと思ってきたけれど、、
なかなかの高嶺の花でございます。

ナッシュビルやモンタナの工場見学とか行きたかったなぁ。。
何はともあれ、ギブソンは不滅でしょう。
いつかまた、きっと。





さて、
話は変わりますが、ここ数年わたくしのマイブームである
国産オールドギターを自分好みの音にカスタマイズしてみよう熱が再加熱。笑
国産オールドギターは何気に掘り出し物が多いんです。
カスタマイズと言ってもゲージやサドル、ブリッジピンの素材を見直してみよう…
程度のことですがね。ゲージとピックの相性、ピックの素材や厚さやカタチなんかでも
音は大分変わるみたいなので、今一度その辺も色々試してみようと思ったわけです。
今までわりとその辺が適当でしたから。。

ここ数年は出先に中古楽器屋やハードオフなんかがあればチェックしてましたが、
なかなか、これだ!というギターには出逢えませんでした。。

×、
が、

先達てついに出逢ってしまった!
それがこの(↓下記参照)グリーンバースト?のMORRIS(MG-30)ちゃん。
90年代に製造されたものらしい。











さっそく試奏したところ弾きやすいし音のバランスも良い感じ。
そのままお家に連れて帰りました。





フレットもピカピカに磨いて✨✨✨✨✨✨








な、ナットが、、死んでる。。😇

リペアに出したらついでにフレットも打ち直しちゃったりして、、
軽くこのギターの3倍?5倍??くらいの予算がかかりそうなヨ・カ・ン。
だので、今回は自分で交換することにしました。

サドルは何度かやったことあるけど…ナット交換はお初です。








ところがこのナット、なかなか取れない。。😵💦
けっこう強力に接着されてる。。。
何度ハンマーで叩いてもびくともしねえ。⚒💥⚒💥⚒💥😵💦

そこで、糸ノコ登場。🔪









指板を傷つけない様慎重に両端に少しづつ糸ノコで切り込みを入れてみた。
そこで何度かあて木&ハンマーで叩いたらポロっと取れました。 😵💦⚒💥➰🔪 ホッ









残った接着剤を剥がしてペーパーヤスリでフラットな状態に。








新しいナットは牛骨にしてみました。🐄💀
オリジナルと同じ高さになるまで底をペーパーヤスリで微調節。








タイトボンドで接着。
そのまま1週間は寝かせよう。。

その間に、サドルとブリッチピンも牛骨に交換しようかな。🐄💀✨



骨っぽい音になるといいな。☠️☠️☠️









つづく












スポンサーサイト