FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨、




前回からのつづきです。





ブリッジピンを牛骨🐄💀に交換しようと思います。
(オリジナルのナット、サドル、ブリッジピンはたぶんプラ製。)


その昔、オリジナルと同じサイズの牛骨ピン買ったら
若干のばらつきがあるのか1、2本緩くて使えなかったことがあったので
今回はやや大きめのサイズを調達。


しかし、、
最初の1本削りすぎて失敗❌😓
(写真右。ひょろ〜。)








ま、ブリッジピンは消耗品。
残りは予備に使えるので良しとしよう◎


さて、気を取り直して慎重に…

だんだんコツを掴んできた。た、たのしい。。👻

実際にゲージを張ったときに抜けないくらいの“絶妙なきつさ”
を残しておくことがポイントであります。

とりあえず5本は良い感じ◎
翌日、再び牛骨ピン(ワンセットでしか売ってない)を調達。🐄💀








ペグを全部バラして946で磨いたら、、
ピカピカになりました✨✨✨

一応956でコーティングして、、
とてもいい気分♪

ほんのり緩いペグが2本あったんだけど、
上のねじを締めたら解決。
がたつきもボルトで締めたら解決。
これで一安心。ほっ

ちなみにヘッドのMORRISのロゴがヴィンテージタイプでかわいい💚









さて、サドルも牛骨に交換しよう。🐄💀


今回はフラットタイプのサドルからの作業でした。
厚さも長さも形状も違うのでここはカナリ慎重に削ります。

何気に、、
オリジナルの緩やかなカーブを再現するのに2日かかりました。。

(写真上:牛骨。下:オリジナル。)








といっても、夜からの作業なので
0時からだいたい4時くらいまでやってたかな。
これを2日だからだいたい8時間くらいか。苦笑


骨削って弦張って音確認しながら途中オリジナルに戻して確認して、、
骨削って弦張って、、、
みたいのを何度か繰返しつつの作業なので時間はかかったけど

結果、理想の「骨っぽい音」になったので
ひゃっほーぃな気分👻💚


ところで、骨っぽい音てどんなよ?

あきらかにプラ製だったときとは音が違うのよね。。
弦も替えたからそれもあるだろうけど、、
こんなに音って変わるのね。。。
これは良い勉強になりました!


それにしても、どーしても自由な時間というのが
真夜中になってしまうのであれなんですが、、

真夜中に骨を削るってけっこうなホラーだよね?😱⚡️ 


しかもなんだろう、、
なんか骨?の独特な匂いが鼻の奥に焼き付いて離れない今日この頃。
うーん、、、
なんとも形容し難いかほりでございます。



とても言えない。
骨を削る度に精◯の薫りがするなんて、、



きっとこれは生命の薫りなんだ!





つづく












スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。