光と影の関係




今日はぼーっとリビングごろんごろんしながら例の“はなうた作曲”で1つ生まれました。
が、なんか不思議。構成、コード感が謎。この手法が良いのか悪いのかテスト中。
おしゃれ喫茶がなくとも出来るときには出来るのだ、という証明。





天気も良いので散歩がてらぷらっとウィンドウショッピング。
バレンタインコーナーにて“星の王子様のチョコ”を発見。これは素敵ですね。
わたくしバレンタインにはまったく想い出がございませんの。
学生時代も女子校でしたので◯◯君に告白ドキドキみたいな経験もなく
青春を終えましたから…。












最近お気に入りのハンド&ネイルクリーム。
コレ昔使ってたんだけどここ数年どこにも売ってなくてね。
やっとこさ見つけたので5本くらいストックしてあります。
この匂いすんごい好き…。なんて表現したら良いんだろう…。
肌に馴染んだ後に発揮する淡い匂い。←なんか表現が卑猥で御免。
毎度ハンドクリーム塗る度に軽く欲情しております。












今宵は“レンブラント描かれた人生”というモノクロ映画を鑑賞。
いつの世も芸術家はモテ男なのです。創造力=エロス。


男に眺められて心地悪いだろう
わたしは画家だ
男の目つきとはちがう
わたしのまなざしは水や空気、光と同じなんだ
意識しなくてもいつも君の周りにある


↑レンブラントがヘンドリッキェに絵のモデルになってもらう時の台詞です。
レンブラントと言えば自画像を多く残した画家でありますが、わたくし学生の頃
美術の授業で自画像描くの真底退屈だったんで適当に終わらせて余った時間に
先生の横顔スケッチしてましたね…。自分の顔なんてまったく興味ないですから。
わたくしが惹かれるものは男の人がふとした瞬間に見せる憂いある表情(色気)です。
その劇的な瞬間を瞼のフィルムに焼き付けていつでも焼き増し可能な状態にしてあるのです。
なんのこっちゃ。それでは、今夜はこの辺で…。








スポンサーサイト