FC2ブログ

生きる




ラスト!ちょっと寂しい…。今夜もアルバム“Lights”から1曲、感想を綴ります。
あ、6月になったらTwitter用(ここよりまともな文章で)のレポも書こうかな。
ツイったーて140文字だっけ?音楽評論家(わたくし苦手)ぽくならぬ様、書こう!




「生きる」


3曲入りの「生きる」とは別テイクです。アレンジもより繊細+荘厳になった印象。
先達てのライブ(わたくしが異様にハイになってた5/8横浜O-site)のMCにて、
ちょっとだけレーサー時代の蓮くんの話を聞くことができました。それは、
大きな怪我をしてしまって復帰することが困難だったこと、そして音楽のこと。
若くして大きな挫折を経験した蓮くんにとって、音楽が救いになったこと。
音楽が徐々に蓮くんの傷を心身ともに癒してくれたこと。
そのことは、そのことだけはホント良かったな。て、
わたくし祈る様な気持ちで、そう思った夜なのでした。


“本当の自分 探している”


曲中にでてくる歌詞なのですが、なんだかぞわっとしましたね。この言葉に。
正直、惚れました。この言葉に。


ステージを降りた蓮君はとてもおぼこい。そして、めちゃくちゃかわいい!
だのに、ステージ上の蓮くんは倍近く生きてしまったわたくしの人生を
遥かに追いこしてしまっている!さらに前へ前へと進化しながら。。

ライブで「生きる」を聴く度に、そう感じる今日この頃です。


そして、アルバムの最後にギター1本弾き語りバージョンの「生きる」も
収録されてます。やはり蓮くんは生ライブの人でしょう。毎度、痺れます。


わたくしふと思うのでした。この“今”はとてもラッキーなんだと…。
こんなに間近でReNくんのライブをこの目に胸に焼き付けることができるのは、
“今”だけかもしれない。とても美しい、とても愛おしい。時間。








今宵わたくしはこんな面白い本を読んでます。深い!
星の王子が袈裟着てるよ!かーわいね。



それでは皆さん、おやすみworld🌟
良い夢を。








スポンサーサイト