スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Song for Smile ☺︎




さて、今日は先達てのヨコハマ・アコフェス vol.7
のレポを綴ろうと思います。











駅を降りるとどしゃ降りの雨雨雨。
さっそくレインコートに着替えて急ぎ足で山下公園へ向かうわたくし。
もの凄い雨にもかかわらず公園にはたくさんの人が集まっておりました。
簡易テントが立てられたステージ。11:00。
出演者全員によるセッション「笑顔のまんま」で幕をあけました。




ヨコハマ・アコースティック・フェスティバル Vol.7
2016. 9/11(SUN)場所:山下公園特設ステージ 観覧無料


ReN set list


1 Illumination
2 little green bird
3 lights
4 新曲





▲本日のReNさまのお衣装▲


我らがジミー(☜わたくしジミーペイジと誕生日が一緒なんです)と
ロバートプラントの1995年ワールドツアーの黒いTシャツ。
半袖の袖を肩までくるくると折って着こなしておられました。かわいい!
最近、ReN王子がはまっているUSEDモノかと思われますが状態が良すぎるのか
王子が着ているからなのかなんとも古着に見えないこのキラキラ感✨
まさに“細身のshy shiny✨ boy”でございました。

やや光沢のある素材の黒い膝穴スキニー(やたらsexy)

迷彩柄のスニーカ






















14:40。ReNさま軽く音だしリハーサル。
この頃には先ほどの豪雨もすっかり止んで曇り空ではありましたが🌧→🌥
ギラギラ太陽灼熱地獄の炎天下より人に優しいと思う今日この頃。


Illuminationのイントロが始まるともんのすんごい熱い🔥熱い🔥ReNコールが!!!
残念ながら女子のキャー😍みたいのではなく熱い🔥熱い🔥お兄さんたち?の
「う″おぉーう!れーん!!いいぞ!れん!!」
みたいな情熱的な声援が嵐の様に押し寄せるIlluminationでありました🔥🔥🔥











わたくしの右サイドにビール片手にご機嫌なご様子の某俳優の◯太氏発見。
little green bird を歌い終えたReNさまに「日本語で歌え⤴︎」と野次る瑛◯氏。
「日本語で歌いますよ!次はね。」と王子Smileで答えるReNさま。
こんなやりとりが2回くらいあった気がします。。
たぶんあれは彼の美学に沿った瑛太君なりの蓮さまへのエールだったのでしょうか。
それとも酔っぱらいのひとりごと?











lightsの途中、ループペダルのタイミングが合わず
「もう一回やっていいですかごめんなさい!」と歌い直すReNさま。
ライブにハプニングはつきもの。どんまーい!であります。
朝の雨の影響なのかスピーカーもたまにLが消えたりRが消えたり“レスリー”状態に。。
そんなことも全部含めて人間的でとても印象に残る素敵なステージでした。
野外に響き渡る音楽てのはホント開放感あって最高ですな♪






そして最後に2日前に出来たばかりだという新曲をうたってくれました。
先ほどまでの雨水がパンツまでぐっしょり沁みておりましたが、、

新曲、沁みましたね。心のど真ん中に沁みました。。。

ReNさま、どんどん良い曲作ってくる!すごい!!

ところでアコフェスのテーマ曲のタイトルは“Song for Smile”
ReNさま例の新曲のアウトロにループで「Song for Smile」と
コーラスを重ねてました。(たぶんアコフェス用のアレンジなのでしょう。)
このコーラス心底イイ感じでしたのでいつか本チャンでRecする際にも
入れて欲しいくらいです。なんならアウトロだけオーバーダブして
ReNさまファン100人にコーラスで歌ってもらい“謎のライブ空間”を
Recって欲しいくらいです。て、なんの話でしたっけ?すみません。
ま、それくらい素敵な曲だったということです。

ループを止めずに溢れんばかりの笑顔で大きく手を振り
そのままステージを後にするReNさま。

雨あがりのアコフェス、たくさんのひとの“愛の力”で作り上げたイベント。
なんとなくこれからのわたくしの人生の記憶に強く残る様な
ささやかでもあり、そして革新的な1日でございました。























はぁ〜えくぼかわいい。かわいいえくぼかわいい。








最後、出演者全員でアコフェスのテーマソング“Song for Smile”を大合唱!
アコフェスの出演者&スタッフのみなさんノーギャラです。
すごいイベントだと思います。








番外編。
ReNさまの出演前に登場した細身のシャイボーイ。
次のReNさまのために後ろでセッティングするフミくん。
そんな“奇跡のユニット写真”が偶然撮れてました!
これ、じわりますね。笑








そしてフミくんはいつもステージ裏からちょこんと顔を覗かせて
ReNさまのことを見守っております。








ヨコハマ・アコフェス vol.7

すべてのレポを書きたいところですが果てしなく長いブログになりそうなので
今日はこの辺で。アコフェス、今年で7年目になるらしいです。ばらすーし!











スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。